三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨漏りはしていなかった様子ですが、数十年メンテナンス工事をしていなかった為に、屋根材表面が錆びてきて美観が悪いし塗装工事も出来ない状態なので、新しくガルバリウム鋼板製屋根に屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3595 IMG_3598 IMG_3600 IMG_3599
新しい時は、日本瓦風の葺き上がりの雰囲気で良かったと思いますが、現在は屋根表面が素材のサビの為に、めくれあがっているのが確認できます。

改めて屋根上で確認したら、今までメンテナンス工事していない状況なのでなので、屋根材の損傷が激しいです。

 

<after>

IMG_3605 IMG_3604
既存の屋根材を解体していきます。昔なので、現在では屋根下葺材としては見かけないアスファルトフェルトを使用している状態でした。

 

屋根材本体は建物の美観を印象づける大切な顔の一部となるだけでなく、日射や降雨などから人や建物自体を保護する重要な役目を果たしています。

ただし、雨水については仕上げた材料だけでは100%防ぐことができません。その為通常、屋根材などの下には、下葺材と呼ばれる防水の為のシートが敷いてあり、屋根材の隙間から入りこんだ雨水をこのシートが遮断することで、雨水が建物内に侵入するのを防いでいます。

下葺材は建物が完成した時にはすでに仕上げた屋根材に隠れてしまい、その姿を目にする事は通常ありませんが、これがないと雨漏りの危険性が急増してしまう為に、安心して生活するのに欠かせない防水材料です。

 

IMG_3601 IMG_3603
解体後の屋根材を下ろして、御施主様に確認してもらいました。傷み具合に驚いていました。

 

IMG_3607
既設のアスファルトフェルトをめくり、下地も新しくしてから改質アスファルトルーフィングを張ります。

改質アスファルトは高温でダレにくく、低温で割れにくいといった、高温から低温まで広い温度範囲で優れた特性を持つほか、弾性をを持ち、タッカーや釘穴に対するシール性や耐久性に優れているなどの特長があります。

 

IMG_3608 IMG_3610 IMG_3612
シンプルな水平ラインの美観で、軽量なガルバリウム鋼板製を加工した屋根材で、地震対策にも有効です。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。


屋根工事、板金工事、外壁工事のことなら堤建築板金

【TEL】 0595-64-0841
(代表直通: 090-7048-7708)
【事務所】 〒518-0729 三重県名張市南町788-17
【加工場】 〒518-0727 三重県名張市新町178-11
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】 名張市・伊賀市 (その他エリアは要相談)

LINEで送る