三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨漏りのお問い合わせがあり、屋根に上がると笠木板金部より雨水が入り、雨漏りしていると判断しました。天井の点検口より天井裏を確認すると、屋根下地も結構傷んでいたので、屋根全体の下地を解体し、新しくしてガルバリウム鋼板製立平葺きに葺き替える屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3791 IMG_3792
 

IMG_3794
建物を大事にされている御施主様なので、数年おきに建物全体の塗装工事をきちんとされています。

しかし建築当初より施工不良の為に、雨漏りしていたであろうと言う場所が、数ヶ所確認できました。

御施主様に写真を撮り、ここがこういう風に悪いと説明をして、工事を始めました。

 

<after>

IMG_4135 IMG_4137
既設屋根材の瓦棒屋根を解体していきます。

屋根材を解体すると、現在の屋根下葺き材はアスファルトルーフィングですが、建築当時の屋根下葺き材はアスファルトフェルトでした。アスファルトフェルトをめくると、コンパネ下地材がブヨブヨで歩くのも気を付けないと踏み込む状態でした。

 

IMG_4138 IMG_4142
垂木が悪い所は、新しい垂木に打ち替えます。

 

IMG_4141 IMG_4146
新しい構造用合板を全面に張って、改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4149 IMG_4150 IMG_4152
ガルバリウム鋼板製立平葺きを葺いてから、パラペット部の壁面も屋根材と同じ色の角波で張っていきます。

 

IMG_4170 IMG_4173 IMG_4157(1)
住宅の屋根は、それぞれ屋根形状や材質等違います、耐久性のある材料もありますが大切なお住まいを長持ちさせるとしたら、定期的なメンテナンスは必要となってきます。

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

雨漏りが気になる前に、おかしいなと思ったらお気軽にお問い合わせください。


屋根工事、板金工事、外壁工事のことなら堤建築板金

【TEL】 0595-64-0841
(代表直通: 090-7048-7708)
【事務所】 〒518-0729 三重県名張市南町788-17
【加工場】 〒518-0727 三重県名張市新町178-11
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】 名張市・伊賀市 (その他エリアは要相談)

LINEで送る