三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

20年に一度の改修工事にあたり、檜皮葺き屋根から銅板屋根へと葺き替え工事を行いました。

私もそうですが、大工さんも住宅等の建物の工事がほとんどのため、慣れない屋根の形に苦労をしていました。

最近では銅板を扱う仕事自体少ない中で、銅板屋根の仕事をさせて頂き、とても良い経験にもなりました。

 

<before>

IMG_0415 IMG_0412
 

<after>

IMG_1479 IMG_1480
下地工事の途中です。

 

IMG_1539IMG_1556
IMG_1727 IMG_1712 IMG_1885IMG_1887
日常生活では、銅板に触れると言ったら【10円玉】ぐらいだと思います。

ひと昔前までは、【銅は一生もの】と言われ、建物にも銅板を使うことが多かった様です。近年は酸性雨の影響と言われていますが、何十年後に穴が開く事があります。銅板だけでの屋根では穴が開くまでなる事は稀だと思います。穴が開く事例は銅板屋根と日本瓦との取合での、瓦のU字になった谷部の一点に雨水が落ちる場合や、銅製雨樋も瓦の水が一点に落ちるが為に穴が開いた事例をよく目にする事があります。

銅板は初めはピカピカしていますが、長い年月と共に黒くなって行き、緑青色に変化して行きます。色の変化の具合が日本伝統の建物に、似合っている様に思います。

銅板屋根は、一般的な屋根材に比べると銅自体のコストが高くなるのと、施工手間もどうしても割高になります、しかし色の変化も楽しめて、趣のある材料だと思います。

 

大切なお住いの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。


屋根工事、板金工事、外壁工事のことなら堤建築板金

【TEL】 0595-64-0841
(代表直通: 090-7048-7708)
【事務所】 〒518-0729 三重県名張市南町788-17
【加工場】 〒518-0727 三重県名張市新町178-11
【メール】 お問い合わせ≫
【対応エリア】 名張市・伊賀市 (その他エリアは要相談)

LINEで送る