雨樋工事 施工事例

三重県名張市南町 N様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『押し入れを久しぶりに開けたら雨漏りがしてて、びっくりしたんやけど、一度家の全部の樋みてくれるかな。』と連絡を頂き、現場に行くと確かに悪い箇所がいくつかあったのと押し入れ上部の銅製谷樋に穴が開いていました。

谷樋を新しくして、家全体の雨樋も新しくする工事を行いました。

 

<before>

IMG_3725 (2) IMG_3727
最初に見に来た時に穴が開いているのを確認して、工事に入るまでの間、コーキングで応急処置をしておきました。

 

<after>

IMG_3730
取り合い部の瓦を一時解体して、穴の開いた銅製谷樋を解体します。

 

IMG_3731
解体したら改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_3733
新しくカラーステンレス製の谷樋にやり替えます。これで押し入れ内部の雨漏りも一安心です。

 

 

<before>

IMG_3950 IMG_3948 IMG_3947
雨樋の継手部が傷んでいる状況が確認できます。これが雨漏りの原因です。

 

IMG_3971 IMG_3973
IMG_3974 IMG_3975
雨樋が架かっている時はあまり分かりませんが、解体して下すと、かなり傷んでいるのが確認できます。

 

<after>

IMG_3976 IMG_3978
IMG_3986 IMG_3988
 

 

ありがたい事で、いつもよくある事ですが 『ここもついでに直しておいて!』 で雨戸の戸袋が少し傷んでいたので板金で修理をしたのと、中通路の波板屋根を張り替えました。

 

<before>

IMG_3981
 

<after>

IMG_3984
 

<before>

IMG_3952 IMG_3953
 

<after>

IMG_3956 IMG_3957 IMG_3958 IMG_3959
 

雨樋の悪い箇所を放っておくと、大切なお家の外壁部や基礎部等が汚れたり傷んだりして大修理になったりする事もあるので、異常に気付いたら小さな事だと放置せずに、早いうちの修理が大事です。
雨樋は、建物の外観で目立たない部分でもありますが、雨水をスムーズに排水処理をする大切な役目をする部分です。

雨樋が割れていたり、ずれていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市夏見 T様邸 雨樋修理工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨樋から雨漏りするので、雨が多く降る時期の前に修理してもらえないかと連絡を頂いたので、現場へ伺い屋根に上がると、木が生い茂る下の方に建物が建っているので、長期間にわたり軒樋に落ち葉等が溜まって腐葉土の様になっていたので、雨水がスムーズに流れなくなっており、雨樋本来の機能をしていない状態でした。

雨樋全体はまだ数年もちそうなので、雨樋の掃除と軒樋継手部の修理をしました。

 

<before>

IMG_3880
IMG_3881
雨樋に落ち葉や苔が溜まっているのが確認できます。

 

<after>

IMG_3885
IMG_3886
雨樋の中のゴミを全て取り除いた後に、ホースで水を流して掃除しました。

 

雨樋は建物全体でも目立ちにくい部分ではありますが、雨が降ると雨水をスムーズに排水処理をする大事な役目があります。

雨樋の異常を放っておくと建物自体も傷めてしまう可能性があります。

雨樋の異常は雨が降らないと気づきにくいですが、おかしいなと気づいたら早いうちの修理が必要です。

 

ちょっとした工事でもお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市滝之原 F様邸 雨樋修理工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨が降ると雨水をスムーズに排水処理をする大切な役目であるはずの、雨樋の落ち口部の銅製アンコーに穴が開き、大雨が降ると下屋より雨漏りがしてきたので、銅製アンコーのみ新しく修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_3393
御施主様が傷んでいる所にテープを貼り修理してあるのですが、応急処置程度です。

 

<after>

IMG_3404
予算の都合上、アンコーのみの修理工事になりました。裏山に木が生い茂っている為に雨樋の中には落ち葉がいっぱいでした。

雨樋はまだ大丈夫なので、掃除をしておきました。

雨樋は建物の中でもあまり目立たないですが、雨が降ると雨水をスムーズに排水処理をする大事な役目があります。

雨は必ず降ります、雨樋の異常を放っておくと建物自体も傷めてしまう可能性があります。

 

雨樋の異常は雨が降らないと気付きにくいですが、おかしいなと気付いたら早いうちの修理が必要です。

 

雨樋のちょっとした事でもお気軽にご相談下さい。

三重県名張市箕曲中村 N様邸 外壁・雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

 

屋根日本瓦を葺き替えるにあたり、外壁と雨樋も所々傷んでいる為に、外壁張り替え工事と雨樋工事を行いました。

 

<before>

IMG_2880 IMG_2879 IMG_2876
長年に渡り、紫外線や雨風にさらされてきたので、色あせが良く目立ちます。

 

<after>

IMG_3403 IMG_3401
既設外壁材を解体後に、透湿防水シートを張ります。

 

IMG_3407 IMG_3409
新しい外壁材は、ガルバリウム鋼板製の角波外壁です。

 

IMG_3424
雨樋も以前の塩ビ製と違って、ガルバリウム鋼板製雨樋にしました。

 

IMG_3452 IMG_3451 IMG_3449
足場を解体後に確認すると、建物の印象がかなり良くなりました。

昔と違って、現在の鋼板は色あせもしにくいし、耐久性も良くなり安心です。

 

大切な建物の屋根・外壁・雨樋などの外装工事はお気軽にご相談下さい。

三重県名張市下三谷 Y様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『小屋やから辛抱してたけど、やっぱり雨漏りがひどいし、雨が多くなる時期になる前に雨樋を新しくしてくれるかな』と連絡があったので、見に行くと雨樋に苔がいっぱい溜まり、雨水がスムーズに処理できない状態だったので、受金具を新しくきちんと勾配を取って雨樋工事を行いました。

 

<before>

IMG_2842 IMG_2844 IMG_2845 IMG_2846
雨樋がぐねぐねになって、苔が溜まっているのが確認できます。

 

<after>

IMG_2847
受金具を新しくして、勾配をきちんと取ります。

 

IMG_2848 IMG_2849 IMG_2850
雨樋が新しくなりました。

小屋などの毎日過ごす住宅じゃなくても、雨漏りを長い間放っておくと、外壁部や足元の基礎や土台などもだんだん傷んできて修理が出来ない状態になってきます。雨樋が壊れていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市桔梗が丘 I様邸 雨樋修理工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様が下屋上の立筒が割れて取れたので、テープで何度か修理したのですが、きちんと修理できないので、『ちょっとした修理で悪いんやけど、工事してくれるかな』と連絡があったので、悪い箇所のみ修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_2568 IMG_2569
立筒の途中で割れて、白いテープで修理あった所が外れているのが確認できます。

 

<after>

IMG_2577 IMG_2576
下屋上と言っても、屋根材によっては滑る場合もあるし、急勾配の場合や軒先の方に行くと高さもあるし危険です。

ちょっとした修理でも専門施工業者に修理してもらった方が安全で簡単に修理できる事がよくあります。

 

全国的に問題になっている様に、名張市でも高齢化が進んでいます。

御施主様も高齢になり、後に誰も住む予定がないので、他にも修理が必要な所があったのですが、雨漏りがしない様に最低限の修理工事でした。

私も名張のあちらこちらで工事をさせて頂いておりますが、雨漏りがしているだろうなという住宅もよく見かけます。

本当はきちんと全部やり替えた方がもちろんいいのですが、少しの修理でも最低限の雨漏りは修理できます。

 

『こんなちょっとした工事は誰もしてくれへんわさ』と思っている方は、お気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市下比奈地 T様邸 雨樋修理工事を行いました。 

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

台風での強風のために、雨樋が受金具より外れて下に落ちてしまい危険なのと、このままでは他の箇所にまで被害が出る恐れがあるので、雨樋修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_1832 IMG_1833
連絡を頂き現場に行くと、見事に雨樋が外れていました。人が下にいたらケガをしていたかもしれません。

樋受金具も古くなり、雨樋を留めている針金が鉄の為にサビて切れてしまい全て無いのが確認できました。

 

<after>

IMG_2382IMG_2383
雨樋を新しくして、受金具にしっかりと留め、これで雨が降っても安心です。

 

台風が多く発生するシーズンです、雨樋に異常が無いか、屋根や外壁の一部がバタバタしていて飛ばされそうになっていないかなど、今一度大切なお住いの外回りを点検してみてはどうでしょうか。

 

ちょっとした修理など、お気軽にお問い合わせください。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市安部田 T様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『雨樋が傷んできているのは分かっててんけど、修理をするのに中々思い切りが付かへんでん。せやけど等々雨が降ったら困るぐらいになってきたから直してもらえへんかな。』 と連絡を頂いたので現場に行くと、もう何十年も経っている昔のブリキ製雨樋がサビて穴が空き、落ち口部分も外れてしまっているので新しく塩ビ製雨樋で掛け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_2174 IMG_2177 IMG_2176
雨樋が傷んで雨漏りをしているのを放っておくと、下にある屋根部分も傷んでくるし、雨漏りをしている箇所の落ちた雨水が叩いて、外壁や基礎の部分も傷める可能性があるので、雨漏りに気付いたら早いうちの修理が必要です。

 

<after>

IMG_2179 IMG_2181 IMG_2184
雨樋は建物の外観でも目立ちにくい部分でもありますが、住宅に降り注ぐ雨水をスムーズに排水処理をする大事な役割をする部分です。

梅雨入り前に、雨樋の異常が無いか点検をしてみてはどうでしょうか。

 

雨樋のちょっとした相談もお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市東町 I様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

屋根の葺き替え工事にあたり、屋根瓦が新しくなると古い雨樋の傷みが目立ってきたので、塩ビ製の雨樋に新しくしました。

 

<before>

IMG_2103 IMG_2101
以前はトタン板を加工しペンキ塗りの雨樋でした。軒樋の継手からは雨漏りしている様にも見えました。

 

<after>

IMG_2104 IMG_2105 IMG_2107
 

雨樋は住宅全体では目立ちにくい箇所でありますが、雨が降ると雨水をスムーズに排水処理をするとても重要な箇所であります。

雨樋の異常は雨が降らないと気付きにくいですが、おかしいなと気付いたら早いうちの修理等が必要です。

 

雨樋のちょっとしたご相談でもお気軽にご連絡ください。

三重県名張市桔梗が丘西 I様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨が降る度に、自分の大切なお住まいが傷んでいかないかを心配するのは、居心地がいいものではありません。

今回の御相談も雨樋修理の御相談でした。

 

何年か前の大雪で雨樋が傷み、前に傾いて勾配が取れていない為に雨水が雨樋よりあふれて、うまく流れない為に御施主様の友人が何度かバルコニーより修理した様ですが、きちんと修理できなかった為に連絡を頂きまして確認したところ、バルコニー上部だけではなく、他の箇所も同じ様な傷みが確認できたので、一部分の修理ではなく、全ての雨樋の掛け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_1865 IMG_1867 IMG_1864
雨樋が傾き、雨水がきちんと落ち口まで流れないで、傾いた部分より雨水があふれている為に、苔がついて汚れているのが確認できます。

 

IMG_1868
雨樋を解体すると、受金具が前に傾いているのが良く分かります。

 

<after>

IMG_1870
新規金具はステンレス製の吊金具で、また大雪が来ても耐えられる様に、金具も間隔を狭く取付しました。

 

IMG_1872 IMG_1874
雨樋の悪い箇所を放っておくと、大切なお家の外壁部や基礎部等が汚れたり傷んだりして大修理になったりする事もあるので、異常に気付いたら小さな事だと放置せずに、早いうちの修理が大事です。

雨樋は、建物の外観で目立たない部分でもありますが、雨水をスムーズに排水処理をする大切な役目をする部分です。

雨樋が割れていたり、ずれていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

1 / 3123

▲TOPへ