2018年5月の一覧

三重県名張市安部田 T様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『雨樋が傷んできているのは分かっててんけど、修理をするのに中々思い切りが付かへんでん。せやけど等々雨が降ったら困るぐらいになってきたから直してもらえへんかな。』 と連絡を頂いたので現場に行くと、もう何十年も経っている昔のブリキ製雨樋がサビて穴が空き、落ち口部分も外れてしまっているので新しく塩ビ製雨樋で掛け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_2174 IMG_2177 IMG_2176
雨樋が傷んで雨漏りをしているのを放っておくと、下にある屋根部分も傷んでくるし、雨漏りをしている箇所の落ちた雨水が叩いて、外壁や基礎の部分も傷める可能性があるので、雨漏りに気付いたら早いうちの修理が必要です。

 

<after>

IMG_2179 IMG_2181 IMG_2184
雨樋は建物の外観でも目立ちにくい部分でもありますが、住宅に降り注ぐ雨水をスムーズに排水処理をする大事な役割をする部分です。

梅雨入り前に、雨樋の異常が無いか点検をしてみてはどうでしょうか。

 

雨樋のちょっとした相談もお気軽にお問い合わせください。

三重県伊賀市緑ヶ丘 K様邸 波板屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

春になり一時の強風の為に、以前から傷んでいた波板屋根の一部が飛んでしまったので、新しくポリカ波板屋根に張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_2071
IMG_2070
飛んでしまった箇所以外の屋根材も、所々割れていたり、釘がサビて抜けてしまっていたりするので全体に張替え工事を行います。

 

<after>

IMG_2072
既設の屋根材を全て解体すると、胴縁下地も傷んでいる所が多いので、胴縁下地のみ新しく取替えました。

IMG_2074
IMG_2075 IMG_2077
以前は塩ビ製波板でしたが、新しい波板は衝撃や熱に強く割れにくい熱線カット仕様のポリカ波板屋根になりました。

以前より光も十分透過するので、波板下は明るくなり気持ち良くなりました。

 

責任施工で対応させて頂きます。大切なお住いの外装工事はお気軽にお問い合わせください。

▲TOPへ