屋根工事 施工事例

三重県名張市すずらん台 T様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨漏りがするとの御相談があり、屋根上に上がると瓦棒葺き屋根自体も傷んでいましたが、屋根から谷樋に流れる雨水が、上手く排水出来ていない為に雨漏りが発生している状況だと判断しました。谷樋をやり替えるにあたり、屋根も新しくガルバリウム鋼板製立平葺きに屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3504 IMG_3505
御施主様が雨漏りする為に、谷樋部にテープで応急処置をしてありました。

 

IMG_3507 IMG_3500 IMG_3510
屋根材表面も傷んでいるのが確認できます。

 

<after>

IMG_3643
IMG_3645
IMG_3657
谷樋も新しくカラーステンレス製でやり替えました。

 

IMG_3664
IMG_3668
IMG_3672
屋根改修前は谷樋の雨水が上手く排水出来ない状態でしたが、屋根改修後は谷樋と屋根本体に段差を深く取ったので、雨が降った後も上手く流れているのが確認できました。

 

雨漏りがする住宅に住んでいると、雨が降るたびに心配で落ち着きません。大事なお住まいの異常は、修理費が高額になる前の、早い段階の修理が必要です。

ちょっとした修理工事から屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市夏見 M様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨漏りはしていなかった様子ですが、数十年メンテナンス工事をしていなかった為に、屋根材表面が錆びてきて美観が悪いし塗装工事も出来ない状態なので、新しくガルバリウム鋼板製屋根に屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3595 IMG_3598 IMG_3600 IMG_3599
新しい時は、日本瓦風の葺き上がりの雰囲気で良かったと思いますが、現在は屋根表面が素材のサビの為に、めくれあがっているのが確認できます。

改めて屋根上で確認したら、今までメンテナンス工事していない状況なのでなので、屋根材の損傷が激しいです。

 

<after>

IMG_3605 IMG_3604
既存の屋根材を解体していきます。昔なので、現在では屋根下葺材としては見かけないアスファルトフェルトを使用している状態でした。

 

屋根材本体は建物の美観を印象づける大切な顔の一部となるだけでなく、日射や降雨などから人や建物自体を保護する重要な役目を果たしています。

ただし、雨水については仕上げた材料だけでは100%防ぐことができません。その為通常、屋根材などの下には、下葺材と呼ばれる防水の為のシートが敷いてあり、屋根材の隙間から入りこんだ雨水をこのシートが遮断することで、雨水が建物内に侵入するのを防いでいます。

下葺材は建物が完成した時にはすでに仕上げた屋根材に隠れてしまい、その姿を目にする事は通常ありませんが、これがないと雨漏りの危険性が急増してしまう為に、安心して生活するのに欠かせない防水材料です。

 

IMG_3601 IMG_3603
解体後の屋根材を下ろして、御施主様に確認してもらいました。傷み具合に驚いていました。

 

IMG_3607
既設のアスファルトフェルトをめくり、下地も新しくしてから改質アスファルトルーフィングを張ります。

改質アスファルトは高温でダレにくく、低温で割れにくいといった、高温から低温まで広い温度範囲で優れた特性を持つほか、弾性をを持ち、タッカーや釘穴に対するシール性や耐久性に優れているなどの特長があります。

 

IMG_3608 IMG_3610 IMG_3612
シンプルな水平ラインの美観で、軽量なガルバリウム鋼板製を加工した屋根材で、地震対策にも有効です。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市梅が丘 F様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

カラーベスト屋根を数年おきに塗装工事をしてメンテナンスしてきましたが、今回は屋根塗装工事をせずに、塗装リフォーム工事よりも長持ちして、既存屋根を撤去する費用もかからない屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_3086(1)
IMG_3527 IMG_3528
風雨、紫外線などにより、塗膜の表面が劣化して起こる色あせや、屋根材表面が劣化して、雨水が浸み込んで発生するカビやコケが確認できるようであれば、屋根リフォーム工事の時期が来たサインです。

既存屋根の状態が悪すぎると、屋根カバールーフ工事は出来ません。雨漏りしている形跡がないか、下地が傷んでいる様子がないかを確かめることが大事です。

 

<after>

IMG_3530 IMG_3531
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_3543 IMG_3545 IMG_3566 IMG_3567
急勾配の為に、雪止め金具も取り付けました。

 

IMG_3568
IMG_3572
破風板も板金で包みました。雨樋も全て新しくなりました。

 

IMG_3590
 

住宅環境や屋根の形状により、メンテナンス工事時期は異なりますが、異常が確認出来たら早いうちの修理をする事で大切なお住まいを長持ちする事が出来ます。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

奈良県宇陀市室生 R様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

数年おきに屋根塗装工事をして、雨漏りがしない様にメンテナンスをしてきましたが、所々にサビが目立ち穴が開いている箇所もあるので、将来の事を考えて今回は屋根塗装工事をせずに、ガルバリウム鋼板製の波板屋根に張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_1298 IMG_1308 IMG_3434 IMG_3436
数十年前に、茅葺き屋根の上にトタン波板屋根を張ってある状態です。

 

<after>

IMG_3437 IMG_3439
既設波板屋根材の解体・撤去工事をします。

ただ解体するのも、屋根勾配が急な為に下に被害が無い様に注意しながら解体作業をします。

 

IMG_3446 IMG_3447 IMG_3448
以前の波板屋根材は、流れ方向に数枚を継いで張ってありましたが、新しいガルバリウム鋼板製波板屋根材は、長尺1枚物なので、今までの様に継ぎ目からのサビの心配がありません。

 

IMG_3489 IMG_3490 IMG_3492
水切りや棟包みを取り付けます。以前は水切り取付の不具合の為に、取合部より雨漏りの跡があったので、雨水の流れ方を考えて水切りを取り付けました。

以前は家紋も取れてしまっていましたが、新しく家紋も作成して取り付けました。

傘釘もステンレス製傘釘なのでサビる心配もありません。

 

IMG_3533 IMG_3534 IMG_3536 IMG_3535
仮設足場を解体すると綺麗になったのが良く分かります。

急勾配の為に工事が大変でしたが、御施主様に喜んでもらえるのが何よりです。

 

屋根改修工事を検討する際には、軽量で今までのトタンよりも耐久性をもち、耐食性・耐摩耗性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。責任施工で対応します。

 

奈良県宇陀市 H神社 屋根工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

20年に一度の改修工事の年にあたり、檜皮葺き屋根から銅板葺き屋根に葺き替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_2901
 

IMG_2902
 

IMG_2903
20年前に新しい檜皮で葺き替えたそうですが、この様に苔がいっぱい生えている状態です。

 

<after>

IMG_2945
 

IMG_3020
 

IMG_3121
 

IMG_3154
 

IMG_3184
 

IMG_3190
 

IMG_3233
 

IMG_3241
 

IMG_3256
 

IMG_3260
 

IMG_3264
 

IMG_3266
銅板屋根は施工後はピカピカして、綺麗です。

また長い年月と共に黒っぽくなって行き、緑青色に変化して行きますが、色の変化の具合が日本の伝統の建物に似合っていると思います。

 

IMG_3470
IMG_3476
本殿の工事と共に、境内の玉垣と掲示板の屋根も銅板で葺き替えました。

 

銅板を扱う工事は、一般的な板金材料に比べて銅板自体のコストが高くなるのと、施工手間もどうしても割高になります。

しかし色の変化も楽しめて、趣のある材料だと思います。

 

IMG_0827
 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市百合が丘 M様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

外装リフォーム工事に伴い、屋根塗装工事の予定もありましたが、今回は屋根塗装をせずに軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製屋根材でカバールーフ工事を行いました。

将来の屋根メンテナンス工事費用の事を考えると、負担が少なくて済むので良い判断です。

 

<before>

IMG_3286IMG_3285IMG_3284IMG_3288
お住まいを大事にされてメンテナンス工事を外装・内装共に数回やってきた御施主様です。

何度か屋根塗装工事をされてきたので築年数の割には、カラーベスト屋根材自体の傷みはあまり見当たりませんでした。

下地がしっかりしていないとカバールーフ工事はできません。

雨漏りしている箇所もなく、下地もしっかりしている状態なので、カバールーフ工事ができると判断しました。

 

<after>

IMG_3291
既設の棟包みを解体します。

IMG_3295IMG_3296IMG_3298
軒先水切りと谷板を新しく取付けてから、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_3302
IMG_3319IMG_3322IMG_3325IMG_3332IMG_3334IMG_3330
屋根改修工事をご検討の際には、軽量で耐久性をもち、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根はどうでしょうか。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせください。

 

三重県名張市つつじが丘 S様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より強風の為に、屋根棟包みが取れて落ちてきたと連絡を頂き、現場へ行き屋根上に上がってみると、確かに棟包みがありませんでした。棟包みが取れてしまう原因である、棟包みの下地材の貫板も腐ってボロボロの状態でした。

屋根全体も何年もの間メンテナンスをしていない状態なので、長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は色あせが目立ち、屋根表面に苔が生えています。御施主様も屋根下地自体が良い状態か心配されたので、今回は屋根カバールーフ工事では無く、既設カラーベスト屋根材をめくり、新しくガルバリウム鋼板製屋根に屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_2515 IMG_2514 IMG_2517
IMG_3031 IMG_3034
苔があちらこちらに生えており、割れやヒビも確認出来ます。

 

<after>

IMG_3038 IMG_3039
既設カラーベスト屋根材を解体して行きます。

 

IMG_3045 IMG_3047
下葺材のルーフィングもめくって、既設屋根下地が傷んでいないか確認します。

 

IMG_3049
やはり棟包みが取れて、貫板が腐っていた箇所は、屋根下地材も傷んでいました。

協力業者の大工さんにお願いして、状態の悪い所のみ下地を入れ替えて、屋根全体のコンパネ下地を増し張りしました。

IMG_3051 IMG_3052 IMG_3053
 

IMG_3062
軒先水切り等を取付けて、改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_3066 IMG_3068 IMG_3080  IMG_3081
屋根材は従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを添加した、超高耐久ガルバリウム鋼板製で、表面塗膜に遮熱性フッ素を使用したグレードの高い屋根材です。メーカーからも色あせ・赤錆がほとんどない事を20年保証するのと、穴空きがない事を25年保証されていますので安心です。

 

IMG_3160 IMG_3163
 

雨樋もかなり傷んでいたので新しくしました。

IMG_3167 IMG_3169
 

屋根工事で仮設足場を架ける工事の時は、御施主の予算の事もありますが、「雨樋工事と外壁塗装工事も一緒にはどうでしょうか」と御提案致します。屋根工事だけをして、また数年後には外壁塗装工事のメンテナンスが必要になってくるからです。仮設足場工事費も必ず必要なのですが、結構な金額になってくるので、屋根工事・雨樋工事・外壁工事は一緒の時にするのがオススメです。今回も外壁塗装工事の時期も来ていたので、協力業者の塗装屋さんにお願いして、外壁塗装工事も行いました。

 

IMG_3205 IMG_3203
施行前の雨樋はかなり傷んでいて、所々より雨漏りもしていて、以前のバルコニーは木製でしたのでバルコニー上の雨樋からの雨漏りの為に腐って、御施主様も心配されたので、アルミバルコニーにやり替えました。

屋根や外壁の色とのバランスも良く、感じの良い美観になりました。

 

<before>

IMG_2523
<after>

IMG_3202
 

住宅も人間の身体と同じで、手入れ(メンテナンス)をしないと、だんだんと美観が損なわれるし、傷んでいる箇所はますます悪くなっていきます。大切なお住まいが綺麗になると毎日の生活も明るくなり気持ちのいいものです。

 

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

三重県伊賀市霧生 T様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

日本瓦葺き屋根で、何度か修理でつないで過ごしてきましたが、雨漏りもしてきたので今回も修理で済ますと、また数年後に修理をしないといけない可能性があるので、瓦を下ろして金属製瓦型のメタルルーフに葺き替え工事を行いました。今回はご予算の都合上、大屋根のみの工事でした。

建物自体が建ててから80年近くになり古いので、地震時の事や建物の事を考えて屋根材も軽くしたい為に、瓦屋根ではなく金属屋根での葺き替えとなりました。

 

<before>

IMG_2807 IMG_2808
数年前に、他業者の方に棟瓦を板金で囲ってもらったそうなので、棟瓦は板金なのが確認できます。

林の中の建物で、落ち葉が多いのでで落葉除けネットがしてあります。

 

<after>

IMG_2951 IMG_2952
屋根材の瓦と土を撤去して、構造用合板で下地をやり替えてゴムアスルーフィングを張ります。

 

IMG_2954 IMG_2955
屋根前面にルーフィングを張ってから、桟を取り付けていきます。

 

IMG_2957 IMG_2963
断熱材を敷いてからメタルルーフ本体を葺いていきます。

 

IMG_2975 IMG_3009 IMG_3011
IMG_3016
葺きあがったのを少し離れた場所から確認すると、下屋は既存の日本瓦のままですが、大屋根のガルバリウム鋼板製のメタルルーフも違和感が無い様に思います。和風住宅にも合っています。

大屋根の重量も以前よりもかなり軽くなりました。

金属屋根と言うと平らや波型の製品を思い浮かべる方が多いと思いますが、この住宅の様に瓦に似せた金属屋根もあります。ランクもありますが、今回はガルバリウム鋼板製で塗膜は10年のメーカー保証になっている屋根材です。

 

屋根改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・耐熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。

お客様のご予算に応じた工事をご提案致しますので、お気軽にご相談下さい。

奈良県宇陀市室生 U様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

主に普段生活はしていないのですが、小屋にしてある波板屋根が、以前に屋根塗装をしてあるのですが最近はそのままにしてあったので、所々で雨漏りがしてきて、小屋とはいえ大切な物も入れてあるのと、屋根材表面のサビもひどいので、ガルバリウム鋼板製波板に張替え工事を行いました。

御施主様の予算の都合もあるので、屋根材にも種類が色々ありますが今回は波板となりました。

 

<before>

IMG_2334 IMG_2338 IMG_2339 IMG_2340
屋根上に上がると、雨漏りの原因であろう箇所がいくつも見つかりました。

瓦屋根との取合谷部は、御施主様が自分でたくさんコーキング処理をしてあるのですが、雨漏りは止まらなかったそうです。

 

IMG_2810 IMG_2812
屋根材を解体後に、特に雨漏りがひどかった谷部を、瓦を一時めくり、新しくカラーステンレス製の谷樋にやり替えてから復旧しました。

IMG_2809
 

<after>

IMG_2828IMG_2829IMG_2833IMG_2830
以前の波板は、鉄製傘釘のトタン波板でつないで張っていましたが、新しくした屋根は、ステンレス製傘釘で流れ方向につないでいないカラーガルバリウム鋼板製波板になったので、長持ちもするし雨漏りの心配もありません。

日常生活をしていない住宅でなくても、自分が所有する建物などが雨漏りをしていると良い気がしません。

近年、全国でも空き家が荒れている問題をよく耳にする事が多いです。やはり雨漏りを放っておくと、いずれかは建物は崩れてしまいます。自分は良くても近隣等には迷惑がかかってしまいます。雨漏りに気が付いたら早いうちの修理が必要です。

 

大切なお住いの屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市東町 I様邸 屋根修理工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

台風の為、工場のスレート屋根が割れて飛んでしまい、割れた箇所を新しいスレート屋根材で修理しました。

 

<before>

IMG_2581 IMG_2582 IMG_2583 IMG_2584
平成30年秋の台風被害での修理・復旧工事は、かなりの件数でのご相談がありました。

あまりの件数により、すぐに対応できないお客様もいたので申し訳なかったと思います。

 

<after>

IMG_2645 IMG_2648 IMG_2650
台風での被害は、全部とは違いますが大体、屋根・雨樋・外壁のどの部分でも、以前より傷んでいる箇所が外れたり、割れたりしての被害により雨漏り等する事例が多いです。 「このまま放っておくと危険だな」 とか 「このまま放っておくと雨漏りの原因になりそうだな」 と思った時は、早いうちでの修理が必要です。

大切なお住いの、屋根や雨樋や外壁の外装部分の点検をしてみませんか。異常がありましたらお気軽にお問い合わせ下さい、責任施工で対応させて頂きます。

1 / 41234

▲TOPへ