屋根工事 施工事例

三重県伊賀市比自岐 F様邸 外装改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より、 『物置小屋として使用している建物の屋根材の一部がめくれているので修理して欲しい。』 と御相談あり、現場確認すると確かに屋根材がめくれて、下地も傷んでいるのが確認出来ました。

屋根全体も傷んで張替え時なのと、外壁材も同じく張替え時なので、建物全体の外装改修工事を行いました。

昔の波板で屋根も外壁も張ってあるので、新しく耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材・外壁材で仕上げました。

 

 

<before>

IMG_4224 IMG_4229
屋根材の一部が無くて、下地が傷んでいるのが確認できます。

 

IMG_4219
外壁材も屋根材と同じくサビがひどい箇所が所々に確認出来ます。

 

IMG_4391 IMG_4390
屋根全体も、以前に何度か塗装工事をしたと思われますが、傷みが激しいので屋根上を歩くとパリパリ音がして割れそうで危険です。

 

<after>

IMG_4393
IMG_4398
IMG_4394
波板屋根材を解体して、バラ板下地も解体して垂木だけの下地にします。

 

IMG_4400
垂木の傷んでいる所は、補強で新しく垂木を入れます。

 

IMG_4404 IMG_4405
新しく構造用合板を張ります。

IMG_4403
 

IMG_4407 IMG_4409
屋根下地が出来上がったら、改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4414 IMG_4415 IMG_4416 IMG_4417 IMG_4418 IMG_4422
波板屋根から新しくガルバリウム鋼板製の立平葺き屋根になりました。

 

IMG_4423 IMG_4437 IMG_4441
波板外壁からガルバリウム鋼板製の角波外壁になりました。

雨樋も傷んでいたので、新しくしました。

 

IMG_4438 IMG_4442
以前の出入り口も開け閉めがしにくい扉だったので、協力業者の大工さんにお願いして、サッシの引き戸にしてもらい出入りもしやすくなり、綺麗になったと御施主様も大変喜んでおられました。

私も御施主様が喜んでくれるのが仕事をしていて、一番嬉しいことです。

 

物置の建物でも、気付かずに雨漏りがしたまま放って置くと大修理になってしまいます。

きちんと現在の材料で改修工事をすると、また何十年と使用出来ます。

屋根や外壁の改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根・外壁材はどうでしょうか。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市緑が丘 Y様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より大雨が降ると雨漏りがするとの御相談があり、現場確認すると、雨漏りのする部屋の天井にシミがついていました。

屋根に上がるとカラーベスト屋根の所々にひび割れや欠けた部分があり、天井裏からも確認すると確かに雨漏りの跡が確認出来ました。

長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたり、反りや割れているのを放っておくと雨漏りの原因になります。

屋根張替え工事の計画もありましたが、屋根カバールーフ工事の方が費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_4241 IMG_4237 IMG_4253
 

<after>

IMG_4365 IMG_4366
仮設足場を架けます。2面は屋根急勾配の為、安全第一で屋根足場も架けます。

 

IMG_4367 IMG_4369 IMG_4370
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4373 IMG_4377 IMG_4378 IMG_4381 IMG_4382 IMG_4385 IMG_4387
住宅環境や屋根の形状により、メンテナンス工事時期は異なりますが、異常が確認出来たら早いうちの修理をする事で大切なお住まいを長持ちする事が出来ます。屋根工事の完了後に、協力業者の大工さんにお願いして、雨漏りでシミのついた部分の天井も綺麗に張替えました。

 

屋根改修工事をご検討の際には、軽量で耐久性をもち、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根はどうでしょうか。

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市赤目町 F様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

御施主様より 『雨漏りがして、いくつかの業者に修理してもらっても直らないし、修理するたびに雨漏りがひどくなっている気がして、なんとかならないかな』 と御相談があり、屋根上に上がり雨漏りしている部分を確認すると、屋根の谷部周辺が雨漏りするので、谷板にコーキングがたくさんしてあり、余計に雨水がぬけずに雨漏りがひどくなったと判断しました。

谷部だけの修理ではきちんとした雨漏り修理工事ができないので、屋根もカラーベスト屋根から新しくガルバリウム鋼板製屋根にする屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_4263 IMG_4262
あまり知識の無い業者が修理すると、雨漏りしている箇所にコーキングがたっぷりと塗ってあり余計に雨漏りがひどくなるという事もたまにあります。この建物でも同じような状況でした。

 

 

<after>

IMG_4266 IMG_4267
谷部の屋根材を解体していくと、ルーフィングが穴開いて破けているのが確認出来ました。

 

IMG_4268
ルーフィングをめくると雨漏りの跡があるのと、下地が腐っているのが確認出来ました。

IMG_4269
全てのルーフィングをめくり、下地が大丈夫か確認します。

 

IMG_4270
下地の悪い所を張替え修理します。

 

IMG_4273
改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4282 IMG_4283 IMG_4297 IMG_4295
 

雨が降る度に、雨漏りの心配をしていた御施主様ですが、屋根工事が完了して数日後に大雨が降りましたが、全然雨漏りしないと安心しておられました。喜んで頂き良かったです。

 

雨漏りがする住宅に住んでいると、雨が降るたびに心配で落ち着きません。大事なお住まいの異常に気付いたら修理費が高額になる前の、早い段階の修理が必要です。

ちょっとした修理工事から屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市富貴ヶ丘 O様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨漏りのお問い合わせがあり、屋根に上がると笠木板金部より雨水が入り、雨漏りしていると判断しました。天井の点検口より天井裏を確認すると、屋根下地も結構傷んでいたので、屋根全体の下地を解体し、新しくしてガルバリウム鋼板製立平葺きに葺き替える屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3791 IMG_3792
 

IMG_3794
建物を大事にされている御施主様なので、数年おきに建物全体の塗装工事をきちんとされています。

しかし建築当初より施工不良の為に、雨漏りしていたであろうと言う場所が、数ヶ所確認できました。

御施主様に写真を撮り、ここがこういう風に悪いと説明をして、工事を始めました。

 

<after>

IMG_4135 IMG_4137
既設屋根材の瓦棒屋根を解体していきます。

屋根材を解体すると、現在の屋根下葺き材はアスファルトルーフィングですが、建築当時の屋根下葺き材はアスファルトフェルトでした。アスファルトフェルトをめくると、コンパネ下地材がブヨブヨで歩くのも気を付けないと踏み込む状態でした。

 

IMG_4138 IMG_4142
垂木が悪い所は、新しい垂木に打ち替えます。

 

IMG_4141 IMG_4146
新しい構造用合板を全面に張って、改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4149 IMG_4150 IMG_4152
ガルバリウム鋼板製立平葺きを葺いてから、パラペット部の壁面も屋根材と同じ色の角波で張っていきます。

 

IMG_4170 IMG_4173 IMG_4157(1)
住宅の屋根は、それぞれ屋根形状や材質等違います、耐久性のある材料もありますが大切なお住まいを長持ちさせるとしたら、定期的なメンテナンスは必要となってきます。

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

雨漏りが気になる前に、おかしいなと思ったらお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市西田原 H様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

数年おきに屋根塗装工事をしていましたが、農小屋の屋根が傷んできたので、新しくガルバリウム鋼板製立平葺きに屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3928 IMG_3929
 

<after>

IMG_4119
IMG_4121 IMG_4122
屋根改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。



屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

三重県名張市赤目町 K様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

車庫に使用している小浪スレート屋根の重ね部分より雨漏りがしたきたので、既存スレート屋根材を解体・撤去して、新しくガルバリウム鋼板製波板屋根に張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_3890 IMG_3888
 

<after>

IMG_4017 IMG_4019
既存スレート屋根材を解体して、改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4020 IMG_4022
流れ方向にも屋根材のつなぎ部分が無いので、今までの様に雨漏りがする可能性が低いので安心です。

カラーステンレス製の傘釘で留めてあるので、錆びの心配もないです。

 

IMG_4024
 

雨漏りが気になる前に、おかしいなと思ったらお気軽にお問い合わせください。

 

三重県名張市黒田 I様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨樋が傷んで雨漏りがしたので、雨樋工事をさせて頂いてる時に、裏の増築部屋根のカラーベスト屋根リフォームの御相談がありました。

建ててから1度だけ屋根塗装工事をしましたが、長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたり、割れているのを確認したので、将来の屋根メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材での、屋根カバールーフ工事の提案をさせて頂き、今回は屋根塗装工事をせずに屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_4073 IMG_4085 IMG_4087
苔が生えて、割れやヒビも確認できました。

 

<after>

IMG_4092
軒先水切りを取付けてから、カラーベスト屋根全面に片面粘着ルーフィングを貼ります。

 

IMG_4095 IMG_4096 IMG_4097
現在お住いの屋根がアスベストを使った屋根材でも、葺き重ねてアスベストの流出を抑える工法ですので安心です。
屋根改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。

 

<before>

IMG_4075 IMG_4076
 

<after>

IMG_4078 IMG_4077
初めに御相談があった、雨樋工事の一部です。この部分は最初の工事をした業者が、きちんと受金具の勾配をつけていない為に、雨水がスムーズに流れていない状態でしたので、きちんと勾配をつけ直し雨樋を新しくしました。

建物全体の雨樋工事を行いました。

 

最初は屋根工事や雨樋工事、ちょっとした雨漏り修理工事を行っている期間で、当社で出来る工事の違う工事の御相談がある事も良くあります。お客様の予算や好みに応じたご提案をさせて頂きます。

屋根工事や雨樋工事の外装工事は、お気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市上比奈知 N様邸 板金工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より『数年前から分かっててんけど、放っておいたら、この前の強い風で庇屋根がめくれたから直してくれないかな』と連絡を頂き、現場へ確認に行くと、確かに結構屋根材が傷んでいました。

下地はまだ大丈夫な状態なので、庇屋根をガルバリウム鋼板製平板張り工事を行いました。

 

<before>

IMG_4046 IMG_4047
屋根材全体が錆びているのと、一部分がめくれているのが確認できます。

古い屋根材を解体して、新しく屋根を張ります。

 

<after>

IMG_4048 IMG_4049
 

予算の都合もあり、雨樋はまだもう少し大丈夫なので、掃除のみして現状のままでした。

これで台風が来ても一安心です。

屋根材等がめくれて落ちかかっている時などは、飛んで行って近隣に迷惑がかかったり、人にケガをさせてしまう可能性もあるので、気付いたら早いうちの修理が必要です。

 

大切なお住まいの屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市 祠屋根工事を行いました。 

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様のお庭で祀っている、神様の祠(ほこら)を新しくするにあたり、銅板葺き屋根工事を行いました。

 

IMG_4050 IMG_4058IMG_4061
IMG_4064
 

屋根面積自体は小さいですが、住宅などの建物屋根と変わりない工事です。

銅板は初めはピカピカしていますが、長い年月と共に黒くなって行き、緑青色に変化して行きます。色の変化の具合が日本伝統の建物に、似合っている様に思います。

銅板屋根は、一般的な屋根材に比べると銅自体のコストが高くなるのと、施工手間もどうしても割高になります、しかし色の変化も楽しめて、趣のある材料だと思います。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市すずらん台 T様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨漏りがするとの御相談があり、屋根上に上がると瓦棒葺き屋根自体も傷んでいましたが、屋根から谷樋に流れる雨水が、上手く排水出来ていない為に雨漏りが発生している状況だと判断しました。谷樋をやり替えるにあたり、屋根も新しくガルバリウム鋼板製立平葺きに屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3504 IMG_3505
御施主様が雨漏りする為に、谷樋部にテープで応急処置をしてありました。

 

IMG_3507 IMG_3500 IMG_3510
屋根材表面も傷んでいるのが確認できます。

 

<after>

IMG_3643
IMG_3645
IMG_3657
谷樋も新しくカラーステンレス製でやり替えました。

 

IMG_3664
IMG_3668
IMG_3672
屋根改修前は谷樋の雨水が上手く排水出来ない状態でしたが、屋根改修後は谷樋と屋根本体に段差を深く取ったので、雨が降った後も上手く流れているのが確認できました。

 

雨漏りがする住宅に住んでいると、雨が降るたびに心配で落ち着きません。大事なお住まいの異常は、修理費が高額になる前の、早い段階の修理が必要です。

ちょっとした修理工事から屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

1 / 512345

▲TOPへ