施工事例

三重県名張市東田原 K様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

御施主様より 『雨漏りがしていて余りお金をかけたくないのですが、一度みてもらえますか?』 という事で現場へ行き確認すると、屋根材のサビがひどく雨漏りのひどい箇所に当たっては、穴が空いている状態でした。軒先水切りもボロボロの状態で、屋根下地もフワフワしていてひどいので、屋根下地から新しくする必要がありました。

建物全体の屋根材も、結構寿命が来ている様子ですが、予算上雨漏りをしている箇所のみ屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_4854 IMG_4856 IMG_4857
屋根がサビているのが確認できます。以前に修理した跡もありました。

屋根上に上がると、マットの上を歩く様な感じでフワフワして、、明らかに下地がダメなのが分かりました。

 

<after>

IMG_4953
大工さんにお願いして、屋根材を解体後に新しく構造用合板を張ってもらい、改質アスファルトルーフィングを張りました。

 

IMG_4968 IMG_4969
屋根勾配がかなり緩い為に、既存の外壁との取合部や隅々は雨漏りのしない様に考えて施工しました。

本当は屋根全面の工事をした方が建物の為にも良いのと、施工もしやすいのですが予算上この様な仕上がりになりました。

これで雨漏りもしなくなり一安心です。

 

住宅の屋根は、それぞれ屋根形状や材質等違います、耐久性のある材料もありますが大切なお住まいを長持ちさせるとしたら、定期的なメンテナンスは必要となってきます。

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

雨漏りが気になる前に、おかしいなと思ったらお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市箕曲中村 O様邸 屋根工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

新築工事に伴い、シンプルな形状によってスマートな外観を演出し、軽量かつ耐久性の良いガルバリウム鋼板製の屋根工事を行いました。

 

IMG_4685IMG_4686IMG_4777 IMG_4778 IMG_4794 IMG_4796
 

屋根改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県伊賀市朝日ヶ丘町 K様邸 外装改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨樋修理工事の御相談あり、現場へ伺い確認すると、雨樋だけが悪い状態ではなくて、屋根はカラーベスト屋根材の所々にひび割れや欠けた部分があり、以前に塗装したペンキがめくれた状態で、苔が生えている所もあります。外壁も木部が傷んで腐っている所やこのまま放っておくと外壁からの雨漏りも進んでいく状態でした。

御施主様に屋根や高所の写真と、御施主様ご自身で確認出来る所はその箇所で、どうしてこのような悪い状態になったのか等の説明と修理工事内容の提案をさせて頂き、屋根カバールーフ工事、雨樋工事、外壁塗装工事を行いました。

 

<before>

IMG_4501 IMG_4502
以前のペンキがめくれてきているのが確認出来ます。

 

IMG_4503
屋根材に苔が生えたり、割れや欠けているのも確認出来ました。

 

IMG_4508
玄関上の屋根の状態です。錆びてきているのが確認出来ます。

 

IMG_4510
当初の御相談は写真で確認出来る様に下屋上の立筒が途中で外れて無くなった状態なので、下屋上の立筒はいとい修理工事での御相談でした。

 

IMG_4512
バルコニーも鉄製の為に傷みがあり、乗るのも怖いそうなので使っていない為、解体する事になりました。

 

IMG_4513 IMG_4514 IMG_4515 IMG_4516
外壁の木部も傷んでいる所は修理する事になりました。

 

 

<after>

IMG_4710 IMG_4712
仮設足場を架ける前にバルコニーを解体・撤去しました。

 

IMG_4745 IMG_4746 IMG_4747 IMG_4748 IMG_4749
仮設足場を架けてから、木部の悪い状態の所は修理していきます。

 

IMG_4764 IMG_4765
既設棟包み及び貫下地を解体していきます。貫下地は傷んで腐っていました。

 

IMG_4766 IMG_4767
魚のうろこ状態の以前のペンキを綺麗にはがして、掃除します。

 

IMG_4768 IMG_4769
屋根を掃除したら屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4770 IMG_4771 IMG_4772IMG_4779 IMG_4780 IMG_4783 IMG_4785
耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、施工前の以前より美観も良くなりました。

 

 

IMG_4878 IMG_4887
玄関上の屋根も勾配が緩い為に以前とは違い、立平葺きの屋根になりました。

 

IMG_4859 IMG_4862 IMG_4861
協力業者の塗装屋さんにお願いして、外壁の木部の立上げ部分には、以前には無かったコーキング処理をしっかりとしてもらい、雨水の侵入の無い様にしてもらってから外壁塗装を仕上げてもらいました。

御施主様にも確認して頂き、これで安心です。

 

IMG_4946 (2)
IMG_4938 IMG_4943
破風板や軒先鼻隠しの木部は、以前は木そのままでしたので、板金で包みました。

雨樋も全て新しくなりました。

 

IMG_4939 IMG_4940 IMG_4941 IMG_4942IMG_4947
 

住宅も人間の身体と同じで、手入れ(メンテナンス)をしないと、だんだんと美観が損なわれるし、傷んでいる箇所はますます悪くなっていきます。

大切なお住まいが綺麗になると毎日の生活も明るくなり気持ちのいいものです。

 

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

 

三重県名張市瀬古口 I様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

何十年と雨樋のメンテナンスをしていなかったので、途中で割れていたり、雨樋の継手部分から雨漏りがしたり、雨樋受金具の勾配がきちんと取れていなかった為に雨水がスムーズに流れない等で、今回は修理では無く、新規にステンレス(銅メッキ)を芯材に使用した いぶし雨樋 に掛け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_4720 IMG_4725 IMG_4731 IMG_4730
今までは昔のトタン樋で、所々にサビの為に穴が空いていたり、継手から雨漏りがしている状態でした。

 

<after>

IMG_4798 IMG_4827 IMG_4828 IMG_4831 IMG_4834 IMG_4836
銅の変色過程で美しいとされる栗皮色をした いぶし仕上げ の雨樋は、銅の持つ特有の質感・表情を引き出してくれます。

銅めっきステンレス鋼板を使用した高強度・長寿命の雨といで、Panasonicの雨といのなかでも高級品になります。

価格は高いのですが、意匠が美しい事と長寿命なので将来の取替えをかなり先延ばしできることから、こだわりの逸品とも言える雨といでした。このような良い雨樋も 2021年6月末で生産終了しました。

この「いぶし雨とい」の生産設備が老朽化して生産継続には新規設備投資が必要となったものの、高級雨といであって大量に販売して投資資金を回収するというわけにも行かず、2021年6月末で生産終了という決断をされたとのことです。

 

大切なお家で毎日生活をしていても、家の中の異常は気が付きやすいですが、外廻りの異常は雨漏りがしてきた時や、よく気を付けていないと気が付きにくいものです。大切なお住まいの屋根や外壁等、外廻りを一度点検してみてはいかがでしょうか。

雨樋のちょっとした事でもお気軽にお問い合わせ下さい。

奈良県宇陀市室生 K様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

大雨が降ると風向きによって雨漏りがするとの御相談があり、現場へ行き屋根に上がると、日本瓦葺き部と銅製メタルルーフの取合い部の水切りが施工不良の為と、何よりも勾配が緩いのに『横葺屋根材』を使用して屋根を葺いてあるので雨漏りしたと判断したので、比較的緩い勾配屋根にも対応できる『縦葺屋根材』を使用して屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_4571 IMG_4572 IMG_4576
以前にも雨漏りがして、修理工事をしてある様子がありました。

 

<after>

IMG_4674 IMG_4676
既設の屋根材を解体して、大工さんにお願いして、新しく構造用合板を張ってもらいルーフィングを張ります。

雨漏りの原因をなくす為に、壁際の部分まで下地工事をしてもらいます。

 

IMG_4677 IMG_4678 IMG_4682 IMG_4683
屋根工事と言っても、いろんな材料や形状があるし、屋根勾配や施工場所が海に近いとか木に囲まれた山の中等住宅環境にも気を付けないといけません。
美観だけで屋根材を決めても、雨漏りがしてしまっては居心地の良いはずの住宅で落ち着いて生活が出来ません。

大切なお住いの屋根や雨樋の外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市本町 H様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主が数年おきに塗装をして屋根のメンテナンスをしてきたようですが、『もう年がいって、屋根の上に乗るのも怖くなってきて、ペンキ塗りもできへんし、屋根張替えてくれるかな。』 と御相談あったので、現場へ行き確認すると、雨漏りはしていないのですがサビがひどくなってきていたので、波板屋根の張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_4585 IMG_4586 IMG_4587
 

<after>

IMG_4588 IMG_4589
屋根材を解体して、下地に異常が無いか確認します。

 

IMG_4590 IMG_4591
以前はルーフィングも張らずに、波板屋根を葺いてあったので、解体後に改質アスファルトルーフィングを張り、胴縁下地を取り付けます。

 

IMG_4593 IMG_4594
釘も以前では鉄製釘なので、釘から屋根材にサビが移ってくる事もありましたが、ステンレス製なのでサビる心配もありません。
日常生活で使用する住宅での雨漏りは落ち着いて生活が出来ません。
下地などが傷む前に、雨漏りに気付いたら、早いうちのメンテナンス工事のご検討はどうでしょうか。

 

大切なお住まいの屋根や雨樋などの外装工事はお気軽にご相談下さい。

三重県名張市富貴ヶ丘 O様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

大雨が降ると雨漏りがするので、一度見てほしいと連絡を頂いたので現場へ行き屋根上に上がると、長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたり、割れているのを確認しました。それも雨漏りの原因の一つでしょうが、大きな原因は、屋根の段違いになった水切り部分に不具合がある事が確認出来ました。

屋根メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材での、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_4486 IMG_4484 IMG_4481
谷板もひどくサビているのが確認出来ます。

 

IMG_4487
写真では分かりづらいですが、屋根の取合部分から下地が見えているのが確認出来ました。

御施主様もこの屋根部分の下辺りが雨漏りの箇所と言っていました。

 

IMG_4483
IMG_4490
ドーマー部の水切り付近の屋根材もずれていました。

 

IMG_4491 IMG_4492
屋根全体も苔やひび割れも確認出来ました。

 

<after>

IMG_4626
仮設足場を架けて墜落防止、安全第一で作業を進めて行きます。

 

IMG_4627 IMG_4628IMG_4630 IMG_4631 IMG_4633
IMG_4637 IMG_4638
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4635 IMG_4636 IMG_4647
水切り取合部は雨水が侵入しない様に、水の流れを計算しながらの作業です。

 

IMG_4654 IMG_4661 IMG_4664
施工前はドーマー部の木が見えていた所も全て板金で包みました。

 

IMG_4667 IMG_4662 IMG_4658 IMG_4660
IMG_4671
IMG_4673
雨樋も傷んでいたので、足場のある間に雨樋も新しくしました。

 

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

 

ちょっとした修理工事から屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市瀬古口 M様邸 雨樋修理工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

隣地の境界上の雨樋を、今まで何度か壊れる度に、御施主様ご自身で修理してきた様ですが、テープ等で直してきただけなので上手く直せなかった状態でした。

大雨が降る度にお隣に迷惑がかかるので、きちんと修理して欲しいと相談があったので、雨樋修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_4609 IMG_4610 IMG_4611
雨樋の落ち口部分を色々とやってみた様子です。

 

<after>

IMG_4613 IMG_4612
落ち口部分の修理だけでなく、軒樋もキチンと勾配が取れていない状況でしたので、新しくしました。

 

台風シーズン前に雨樋のメンテナンスは大丈夫でしょうか。

人間の身体と同じで、雨樋のちょっとした異常箇所でも放っておくと、建物の他の部分までも修理しなければならなくなる可能性があります。

雨樋工事でお困りの方はお気軽にお問合せ下さい。

三重県名張市蔵持町 F様邸 外壁工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

リフォーム工事に伴って、御施主様より『壁の汚いのが気になって、板金屋さんで何とかならへんかな』と御相談があったので、板金で白壁を塗ったようにする板金工事を行いました。

 

<before>

IMG_4517 IMG_4518
瓦屋根を新しく葺き替えて、雨樋も新しくなると、余計に壁の古くなった感じがよく分かります。

 

<after>

IMG_4527 IMG_4528
一つ一つの壁の大きさ、形が微妙に寸法が違うので、加工するときには注意して白平板を加工しないと、柱と柱の間にうまくはまりません。

雨風が当たりにくい壁ではありますが、これで台風などの強風でも土壁の落ちる心配がありません。

 

ちょっとした板金工事でもお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市栄町 M様邸 波板屋根修理工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より 『風が吹くたびにベランダの屋根がバタバタして、近所にも迷惑がかかるし直してくれへんかな、ちょっとの事でもお願いできるかな?』 と御相談があり、確認すると波板屋根のケラバ部分の釘が抜けて、ベラベラしている状態でした。下地の胴縁も傷んでいたので、胴縁も取替えました。

 

<before>

IMG_4563 IMG_4565
 

<after>

IMG_4566
既設の波板屋根材をめくり、傷んでいる胴縁も解体します。

 

IMG_4567
軒先は、特に傷みやすいのでヒノキの貫板材にしました。

 

IMG_4568
台風の時など風当たりが強い時も気にしなくていい様に、今までの傘釘じゃなく波板用のビス留めにしました。

 

IMG_4569
既設の雨樋もそろそろ弱ってきているので、ついでに雨樋工事も行いました。

2連はしごでの作業の為、少し作業がやりにくかったのですが、御施主様も洗濯物を干す時に明るいわと喜んでおられました。

 

『こんな細かい仕事は誰に頼んだらいいんやろう?』 と、雨漏りなど外装工事の困ったことがあれば気軽にお問い合わせ下さい。

1 / 1312345...10...最後 »

▲TOPへ