施工事例

三重県名張市百合が丘 N様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたりします。反りや割れているのを放っておくと雨漏りの原因にもなります。

外装リフォーム工事に伴い、今回も屋根塗装工事の計画もありましたが、将来の屋根メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_5088 IMG_5089 IMG_5091
 

<after>

IMG_5136
仮設足場を架けて墜落防止、安全第一で作業を進めて行きます。

 

IMG_5137
IMG_5138 IMG_5139
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_5140 IMG_5141 IMG_5142IMG_5144 IMG_5145 IMG_5146 IMG_5147 IMG_5150
 

住宅環境や屋根の形状により、メンテナンス工事時期は異なりますが、異常が確認出来たら早いうちの修理をする事で大切なお住まいを長持ちする事が出来ます。

屋根改修工事をご検討の際には、軽量で耐久性をもち、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根はどうでしょうか。

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市蔵持町 K様邸 外壁工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

建物の屋根や外壁等の外装材は、常に雨や風、日光や紫外線などにさらされて、年月が経つと段々と傷んでくるものです。

御施主様も色あせてきて見た目が悪いと相談があったので、悪い所だけ新しく木目調プリント鋼板に張り替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_5125 IMG_5126 IMG_5127
 

<after>

IMG_5158
IMG_5159
既設の外壁材を解体していきます。下地の胴縁も傷んでいないか確認します。

 

IMG_5160 IMG_5161
透湿防水シートを張ります。

 

IMG_5190 IMG_5191 IMG_5192 IMG_5193
『こんな工事誰に頼んだらええんやろ。』 という様にこんなちょっとした外壁工事など、屋根工事・雨樋工事など外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市南西原 H様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『雨が降ると、下に停めてある自動車に雨水があたるので修理してもらえないかな。他業種の人に修理したもらったんやけど、直ぐにまた雨漏りがして困ってる。』 と連絡を頂き現場確認に行くと、樋受打込み金具が抜けて雨樋が傾いている状態でした。御施主様に仮設足場を架けなければ仕事が出来ない事や、こうなった原因やきちんと樋受金具を打ち直さないといけない等、説明提案をさせて頂き雨樋の悪い箇所のみ、雨樋を新しく架け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_5005 IMG_5006 IMG_5007
足場を架けてから改めて確認すると、雨樋の傷み具合が良く分かります。

 

IMG_5010
晴れた日が続いても雨水がスムーズに流れない為に、雨樋の内側にはいつも雨水がある状態なので、苔が溜まっていました。

 

IMG_5008
当初からの雨樋工事で打込み金具の足が短いのが確認出来ます。これでは数年前の雪で抜けてしまったのではないかと推測しました。

屋根四方の打込み金具が同じ条件なので、この様に足が短いと推測されますが、予算の都合上今回は傷んでいる箇所のみの雨樋工事となりました。

 

<after>

IMG_5011
傷んでいる箇所の雨樋と金具を解体します。

 

IMG_5012 IMG_5015
新しい金具は吊金具にして、ステンレスビスでしっかりと留めたので、もう金具が抜ける心配はありません。

 

 

雨樋の悪い箇所を放っておくと、大切なお家の外壁部や基礎部等が汚れたり傷んだりして大修理になったりする事もあるので、異常に気付いたら小さな事だと放置せずに、早いうちの修理が大事です。

雨樋は、建物の外観で目立たない部分でもありますが、雨水をスムーズに排水処理をする大切な役目をする部分です。

雨樋が割れていたり、ずれていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市東町 O様邸 外壁工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

しばらく建物のメンテナンスを行っていなかった為に、1階部分に雨漏りがしてきて、あちらこちらと修理の必要がある箇所もあるのですが、予算の都合上、雨漏りがしている所だけの最小限での修理となりました。壁際の瓦の雨漏り部分の修理は瓦屋さんにお願いして、私は外壁波板の張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_4987 IMG_4990 IMG_4988
外壁波板は錆びて穴が開いている箇所もありました。壁際の瓦は捨て水切りが取り付けていない為に雨漏りがしていました。

 

<after>

IMG_5122 IMG_5123
古い外壁波板を解体して、透湿防水シートを張り下地も傷んでいたので新しくなりました。

 

IMG_5130 IMG_5131 IMG_5128
 

IMG_5152 IMG_5154
 

名張の旧町は隣家の敷地をお借りして仕事をさせて頂かないと仕事が出来ない建物もあります。その様な場所での作業も良くある事です。
『狭い所での仕事でごめんなさいね』 『やりにくい所よくやってくれたね』とか声を掛けて頂ける事もあります。ありがとうございます。

この名張の旧町で生まれ育ってきました。祖父の代から3代に渡り、90年近くこの名張でお仕事を頂いております。
地域密着で、大切なお住まいをより長く、より快適に使うためにお客様のご要望にお応えいたします。お気軽にご相談下さい。

三重県名張市新町 K様邸 屋根工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

新築工事に伴い、軽量・耐久性の良いガルバリウム鋼板製の屋根工事を行いました。

 

IMG_5032 IMG_5033
IMG_5035 IMG_5036 IMG_5037 IMG_5040 IMG_5043 IMG_5044
 

IMG_5120
雨樋工事も行いました。

 

屋根改修工事をご検討の方は、経済的でシンプルで見た目も美しいガルバリウム鋼板製の屋根をおすすめ致します。

大切なお住いの屋根工事はお気軽にご相談下さい。

三重県名張市安部田 N様邸 雨樋修理工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

家を大切にしておられる御施主様で、雨が降った時に銅製雨樋の落ち口に異常があるのを確認したので、連絡を頂きました。

既設の雨樋をぐるっと廻って異常が無いか確認して、悪い箇所の銅製アンコーと銅製じょうごのみ新しく修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_5071
御施主様が応急で修理してありました。

 

<after>

IMG_5076 IMG_5075
 

 

<before>

IMG_5070
連絡を頂いてから最初に雨の日に確認に行きましたが、穴が開いているのが良く確認出来ました。

 

<after>

IMG_5073
既設のじょうごを外してみると穴が開いているのが良く分かります。御施主様にもあらためて確認して頂きました。

 

IMG_5072
 

 

IMG_5078 IMG_5077
 

既設の雨樋の落ち口部以外は、まだ大丈夫と判断しましたので、今回は落ち口アンコーとじょうごのみの取替工事とし、軒樋等は掃除をしておきました。

 

雨樋は建物の中でもあまり目立たないですが、雨が降ると雨水をスムーズに排水処理をする大事な役目があります。
雨樋の異常を放っておくと建物自体も傷めてしまう可能性があります。
雨樋の異常は雨が降らないと気付きにくいですが、おかしいなと気付いたら早いうちの修理が必要です。

雨樋のちょっとした事でもお気軽にご相談下さい。

三重県名張市百合が丘 O様邸 板金工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

御施主様より、『築35年ほど建った家のバルコニー部分なんやけど、建てた時は木の感じが良くて見栄えも良かったけど、木が汚くなってきたので何とかできないかな。』 と相談を受けたので、板金で綺麗にする工事を行いました。

 

<before>

IMG_4762 IMG_4763 IMG_4761 IMG_4760
 

<after>

IMG_4963 IMG_4964
バルコニーの外部をガルバリウム鋼板製の角波を張りました。

鉄部の手摺や柱も塗装屋さんにお願いして、塗ってもらいました。

 

IMG_4967
雨戸の戸袋も板金で包みました。

 

IMG_4912 IMG_4913
バルコニーの床部も木材である為に、将来的には段々と傷んでくるので構造用合板で下地をし直して、板金を張りました。

IMG_4966
 

大切なお家の外観が傷んだり、古くなってきたら、雨漏りや余分な工事が必要になる前に早いうちの改修工事をお勧めします。

それぞれの予算やお家のイメージに合った改修工事をご提案致しますのでお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市東田原 K様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

御施主様より 『雨漏りがしていて余りお金をかけたくないのですが、一度みてもらえますか?』 という事で現場へ行き確認すると、屋根材のサビがひどく雨漏りのひどい箇所に当たっては、穴が空いている状態でした。軒先水切りもボロボロの状態で、屋根下地もフワフワしていてひどいので、屋根下地から新しくする必要がありました。

建物全体の屋根材も、結構寿命が来ている様子ですが、予算上雨漏りをしている箇所のみ屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_4854 IMG_4856 IMG_4857
屋根がサビているのが確認できます。以前に修理した跡もありました。

屋根上に上がると、マットの上を歩く様な感じでフワフワして、、明らかに下地がダメなのが分かりました。

 

<after>

IMG_4953
大工さんにお願いして、屋根材を解体後に新しく構造用合板を張ってもらい、改質アスファルトルーフィングを張りました。

 

IMG_4968 IMG_4969
屋根勾配がかなり緩い為に、既存の外壁との取合部や隅々は雨漏りのしない様に考えて施工しました。

本当は屋根全面の工事をした方が建物の為にも良いのと、施工もしやすいのですが予算上この様な仕上がりになりました。

これで雨漏りもしなくなり一安心です。

 

住宅の屋根は、それぞれ屋根形状や材質等違います、耐久性のある材料もありますが大切なお住まいを長持ちさせるとしたら、定期的なメンテナンスは必要となってきます。

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

雨漏りが気になる前に、おかしいなと思ったらお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市箕曲中村 O様邸 屋根工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

新築工事に伴い、シンプルな形状によってスマートな外観を演出し、軽量かつ耐久性の良いガルバリウム鋼板製の屋根工事を行いました。

 

IMG_4685IMG_4686IMG_4777 IMG_4778 IMG_4794 IMG_4796
 

屋根改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県伊賀市朝日ヶ丘町 K様邸 外装改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨樋修理工事の御相談あり、現場へ伺い確認すると、雨樋だけが悪い状態ではなくて、屋根はカラーベスト屋根材の所々にひび割れや欠けた部分があり、以前に塗装したペンキがめくれた状態で、苔が生えている所もあります。外壁も木部が傷んで腐っている所やこのまま放っておくと外壁からの雨漏りも進んでいく状態でした。

御施主様に屋根や高所の写真と、御施主様ご自身で確認出来る所はその箇所で、どうしてこのような悪い状態になったのか等の説明と修理工事内容の提案をさせて頂き、屋根カバールーフ工事、雨樋工事、外壁塗装工事を行いました。

 

<before>

IMG_4501 IMG_4502
以前のペンキがめくれてきているのが確認出来ます。

 

IMG_4503
屋根材に苔が生えたり、割れや欠けているのも確認出来ました。

 

IMG_4508
玄関上の屋根の状態です。錆びてきているのが確認出来ます。

 

IMG_4510
当初の御相談は写真で確認出来る様に下屋上の立筒が途中で外れて無くなった状態なので、下屋上の立筒はいとい修理工事での御相談でした。

 

IMG_4512
バルコニーも鉄製の為に傷みがあり、乗るのも怖いそうなので使っていない為、解体する事になりました。

 

IMG_4513 IMG_4514 IMG_4515 IMG_4516
外壁の木部も傷んでいる所は修理する事になりました。

 

 

<after>

IMG_4710 IMG_4712
仮設足場を架ける前にバルコニーを解体・撤去しました。

 

IMG_4745 IMG_4746 IMG_4747 IMG_4748 IMG_4749
仮設足場を架けてから、木部の悪い状態の所は修理していきます。

 

IMG_4764 IMG_4765
既設棟包み及び貫下地を解体していきます。貫下地は傷んで腐っていました。

 

IMG_4766 IMG_4767
魚のうろこ状態の以前のペンキを綺麗にはがして、掃除します。

 

IMG_4768 IMG_4769
屋根を掃除したら屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4770 IMG_4771 IMG_4772IMG_4779 IMG_4780 IMG_4783 IMG_4785
耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、施工前の以前より美観も良くなりました。

 

 

IMG_4878 IMG_4887
玄関上の屋根も勾配が緩い為に以前とは違い、立平葺きの屋根になりました。

 

IMG_4859 IMG_4862 IMG_4861
協力業者の塗装屋さんにお願いして、外壁の木部の立上げ部分には、以前には無かったコーキング処理をしっかりとしてもらい、雨水の侵入の無い様にしてもらってから外壁塗装を仕上げてもらいました。

御施主様にも確認して頂き、これで安心です。

 

IMG_4946 (2)
IMG_4938 IMG_4943
破風板や軒先鼻隠しの木部は、以前は木そのままでしたので、板金で包みました。

雨樋も全て新しくなりました。

 

IMG_4939 IMG_4940 IMG_4941 IMG_4942IMG_4947
 

住宅も人間の身体と同じで、手入れ(メンテナンス)をしないと、だんだんと美観が損なわれるし、傷んでいる箇所はますます悪くなっていきます。

大切なお住まいが綺麗になると毎日の生活も明るくなり気持ちのいいものです。

 

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

 

1 / 1312345...10...最後 »

▲TOPへ