施工事例

三重県板金工業組合 第58回通常総会に出席しました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

令和4年3月23日(水)に、メッセウィング・みえ 大研修室で開催の三重県板金工業組合 通常総会に出席してきました。

昨年度に引き続き新型コロナウィルス感染拡大に注意しての開催で、令和3年度の事業や収支、今年度の事業計画案と収支予算案の説明が行われ、承認されました。

 

IMG_0087
 

名張市では<堤建築板金>の1事業所のみが 『責任保障制度を通じて、「信用」と「安心」を提供する』 三重県板金工業組合員です。

日々の仕事はもちろんの事、組合員として技術力の強化・魅力のある板金業界の地位向上を目指して活動しています。

板金工事でお困りの方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

伊賀市桐ヶ丘 K様邸 屋根修理工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

屋根塗装工事をするに当たり、塗装屋さんからカラーベスト屋根の破損部分の修理を依頼されました。

 

<before>

IMG_0029
 

<after>

IMG_0031 IMG_0032
 

<before>

IMG_0030
 

<after>

IMG_0033
 

ちょっとした修理工事などでも、お気軽にお問い合わせください。

名張市百合が丘 T様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

外装リフォーム工事に伴い、屋根塗装工事の予定もありましたが、今回は屋根塗装をせずに軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製屋根材でカバールーフ工事を行いました。

今回も屋根塗装工事をすると、数年後にまた屋根塗装工事をしなければならない状況になります。カバールーフ工事にすると、塗り替えや葺き替えの心配も少なくて、既存屋根材を撤去する費用もかからないので、将来の屋根メンテナンス工事費用の事を考えると、長い目で見ても経済的で良い判断です。

 

<before>

IMG_5195 IMG_5196 IMG_5198 IMG_5200 IMG_5201 IMG_5202
 

風雨、紫外線などにより、塗膜の表面が劣化して起こる色あせや、屋根材表面が劣化して、雨水が浸み込んで発生するカビやコケが確認できるようであれば、屋根リフォーム工事の時期が来たサインです。

既存屋根の状態が悪すぎると、屋根カバールーフ工事は出来ません。雨漏りしている形跡がないか、下地が傷んでいる様子がないかを確かめることが大事です。

 

<after>

IMG_5211 IMG_5212
IMG_5215 IMG_5217 IMG_5218
既設棟包み及び貫下地を解体後に、谷板・軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_5206
IMG_5223 IMG_5224 IMG_5225
IMG_5228 IMG_5229 IMG_5230 IMG_5231
IMG_5234 IMG_5235 IMG_5238 IMG_5250 IMG_5251
IMG_5249
 

 

<before>

IMG_4923 (2)
 

<after>

IMG_0016 (2)
雨樋も全て新しくなりました。

 

住宅も人間の身体と同じで、手入れ(メンテナンス)をしないと、だんだんと美観が損なわれるし、傷んでいる箇所はますます悪くなっていきます。

大切なお住まいが綺麗になると毎日の生活も明るくなり気持ちのいいものです。

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

名張市滝之原 N工場 スレート屋根修理工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

強風のため、スレート屋根のケラバが巻き上げられて、割れて飛んでいった為に、室内に雨水がしみてきたので修理復旧工事を行いました。

 

<before>

IMG_5105
高所の為に風当たりもきつく、スレート屋根材自体も年数が経っている為に弱っていた様子です。

 

<after>

IMG_5110
高さの高い工場の建物の為、屋根修理だけの為に仮設足場をする予算も無いので、高所作業車での屋根修理工事となりました。

 

ちょっとした修理工事など、お客様のご予算に応じた工事をご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。

名張市百合が丘 N様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたりします。反りや割れているのを放っておくと雨漏りの原因にもなります。

外装リフォーム工事に伴い、今回も屋根塗装工事の計画もありましたが、将来の屋根メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_5088 IMG_5089 IMG_5091
 

<after>

IMG_5136
仮設足場を架けて墜落防止、安全第一で作業を進めて行きます。

 

IMG_5137
IMG_5138 IMG_5139
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_5140 IMG_5141 IMG_5142IMG_5144 IMG_5145 IMG_5146 IMG_5147 IMG_5150
 

住宅環境や屋根の形状により、メンテナンス工事時期は異なりますが、異常が確認出来たら早いうちの修理をする事で大切なお住まいを長持ちする事が出来ます。

屋根改修工事をご検討の際には、軽量で耐久性をもち、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根はどうでしょうか。

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

名張市蔵持町 K様邸 外壁工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

建物の屋根や外壁等の外装材は、常に雨や風、日光や紫外線などにさらされて、年月が経つと段々と傷んでくるものです。

御施主様も色あせてきて見た目が悪いと相談があったので、悪い所だけ新しく木目調プリント鋼板に張り替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_5125 IMG_5126 IMG_5127
 

<after>

IMG_5158
IMG_5159
既設の外壁材を解体していきます。下地の胴縁も傷んでいないか確認します。

 

IMG_5160 IMG_5161
透湿防水シートを張ります。

 

IMG_5190 IMG_5191 IMG_5192 IMG_5193
『こんな工事誰に頼んだらええんやろ。』 という様にこんなちょっとした外壁工事など、屋根工事・雨樋工事など外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

名張市南西原 H様邸 雨樋工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『雨が降ると、下に停めてある自動車に雨水があたるので修理してもらえないかな。他業種の人に修理したもらったんやけど、直ぐにまた雨漏りがして困ってる。』 と連絡を頂き現場確認に行くと、樋受打込み金具が抜けて雨樋が傾いている状態でした。御施主様に仮設足場を架けなければ仕事が出来ない事や、こうなった原因やきちんと樋受金具を打ち直さないといけない等、説明提案をさせて頂き雨樋の悪い箇所のみ、雨樋を新しく架け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_5005 IMG_5006 IMG_5007
足場を架けてから改めて確認すると、雨樋の傷み具合が良く分かります。

 

IMG_5010
晴れた日が続いても雨水がスムーズに流れない為に、雨樋の内側にはいつも雨水がある状態なので、苔が溜まっていました。

 

IMG_5008
当初からの雨樋工事で打込み金具の足が短いのが確認出来ます。これでは数年前の雪で抜けてしまったのではないかと推測しました。

屋根四方の打込み金具が同じ条件なので、この様に足が短いと推測されますが、予算の都合上今回は傷んでいる箇所のみの雨樋工事となりました。

 

<after>

IMG_5011
傷んでいる箇所の雨樋と金具を解体します。

 

IMG_5012 IMG_5015
新しい金具は吊金具にして、ステンレスビスでしっかりと留めたので、もう金具が抜ける心配はありません。

 

 

雨樋の悪い箇所を放っておくと、大切なお家の外壁部や基礎部等が汚れたり傷んだりして大修理になったりする事もあるので、異常に気付いたら小さな事だと放置せずに、早いうちの修理が大事です。

雨樋は、建物の外観で目立たない部分でもありますが、雨水をスムーズに排水処理をする大切な役目をする部分です。

雨樋が割れていたり、ずれていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

名張市東町 O様邸 外壁工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

しばらく建物のメンテナンスを行っていなかった為に、1階部分に雨漏りがしてきて、あちらこちらと修理の必要がある箇所もあるのですが、予算の都合上、雨漏りがしている所だけの最小限での修理となりました。壁際の瓦の雨漏り部分の修理は瓦屋さんにお願いして、私は外壁波板の張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_4987 IMG_4990 IMG_4988
外壁波板は錆びて穴が開いている箇所もありました。壁際の瓦は捨て水切りが取り付けていない為に雨漏りがしていました。

 

<after>

IMG_5122 IMG_5123
古い外壁波板を解体して、透湿防水シートを張り下地も傷んでいたので新しくなりました。

 

IMG_5130 IMG_5131 IMG_5128
 

IMG_5152 IMG_5154
 

名張の旧町は隣家の敷地をお借りして仕事をさせて頂かないと仕事が出来ない建物もあります。その様な場所での作業も良くある事です。
『狭い所での仕事でごめんなさいね』 『やりにくい所よくやってくれたね』とか声を掛けて頂ける事もあります。ありがとうございます。

この名張の旧町で生まれ育ってきました。祖父の代から3代に渡り、90年近くこの名張でお仕事を頂いております。
地域密着で、大切なお住まいをより長く、より快適に使うためにお客様のご要望にお応えいたします。お気軽にご相談下さい。

名張市新町 K様邸 屋根工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

新築工事に伴い、軽量・耐久性の良いガルバリウム鋼板製の屋根工事を行いました。

 

IMG_5032 IMG_5033
IMG_5035 IMG_5036 IMG_5037 IMG_5040 IMG_5043 IMG_5044
 

IMG_5120
雨樋工事も行いました。

 

屋根改修工事をご検討の方は、経済的でシンプルで見た目も美しいガルバリウム鋼板製の屋根をおすすめ致します。

大切なお住いの屋根工事はお気軽にご相談下さい。

名張市安部田 N様邸 雨樋修理工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

家を大切にしておられる御施主様で、雨が降った時に銅製雨樋の落ち口に異常があるのを確認したので、連絡を頂きました。

既設の雨樋をぐるっと廻って異常が無いか確認して、悪い箇所の銅製アンコーと銅製じょうごのみ新しく修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_5071
御施主様が応急で修理してありました。

 

<after>

IMG_5076 IMG_5075
 

 

<before>

IMG_5070
連絡を頂いてから最初に雨の日に確認に行きましたが、穴が開いているのが良く確認出来ました。

 

<after>

IMG_5073
既設のじょうごを外してみると穴が開いているのが良く分かります。御施主様にもあらためて確認して頂きました。

 

IMG_5072
 

 

IMG_5078 IMG_5077
 

既設の雨樋の落ち口部以外は、まだ大丈夫と判断しましたので、今回は落ち口アンコーとじょうごのみの取替工事とし、軒樋等は掃除をしておきました。

 

雨樋は建物の中でもあまり目立たないですが、雨が降ると雨水をスムーズに排水処理をする大事な役目があります。
雨樋の異常を放っておくと建物自体も傷めてしまう可能性があります。
雨樋の異常は雨が降らないと気付きにくいですが、おかしいなと気付いたら早いうちの修理が必要です。

雨樋のちょっとした事でもお気軽にご相談下さい。

3 / 1612345...10...最後 »

▲TOPへ