施工事例

伊賀市桐ヶ丘 K様邸 板金外装工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

自宅前で小売店舗をするにあたり、建物外装工事の屋根工事、外壁工事、雨樋工事を行いました。

 

<before>

IMG_1995
 

<after>

IMG_2000 IMG_2001 IMG_2002 IMG_2004
 

金属製の屋根材・外壁材などの外装材は、昔のイメージで安っぽいという感じを持っている方もいるかと思いますが、昔と違い色もデザインも豊富で、赤錆や穴あきのメーカー保証の付いている商品がほとんどですので、外装工事の際は金属製の外装材のご検討もお勧めです。

 

大切なお住いの屋根や雨樋など外装工事はお気軽にお問い合わせください。

名張市赤目町 S様邸 瓦の谷板 取替工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

強風の為に壊れた雨樋修理工事を行いまして、屋根瓦にも異常が無いかの点検の為に屋根上に上がると、屋根瓦自体は大丈夫なのですが、谷板が昔のトタン製のままなのでサビがひどく、放っておくと将来穴が開いて雨漏りの原因になるので、瓦屋さんと共に谷板の取替工事を行いました。

 

<before>

IMG_0468
谷板のサビがひどくなっているのが確認できます。

 

<after>

IMG_2006 IMG_2008
トタン板製からカラーステンレス製へと取り替えて、瓦屋さんに復旧をして頂きこれで安心です。

 

御施主様から仕事を依頼された場所だけ工事するだけで無く、毎日住んでいて、なかなか確認の出来ない屋根上など高所の点検をついでにすると、たちまち雨漏りの原因にはなりませんが、放っておくと雨漏りの原因になるという事もよくあります。

予算の事もあるので修理する・しないは御施主様の判断ですが、『悪いところは放っておけない』ので、御施主様に納得頂ける様に説明・提案する事も大事なことです。

 

ちょっとした修理工事など、お客様のご予算に応じた工事をご提案致しますので、お気軽にお問い合わせください。

伊賀市陽光台 M様邸 屋根改修工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、雨樋工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

カラーベスト屋根を数年前に塗装工事を行い、また屋根塗装の時期になってきましたが、今回は屋根塗装をせずに軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製屋根材でカバールーフ工事を行いました。

仮設足場を組んだり本体工事以外に付いてくる工事費用が毎回かかってくるので、この先の屋根塗装メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少なく済むので良い判断です。

 

<before>

IMG_1930 IMG_1934 IMG_1936 IMG_1937
 

<after>

IMG_1939 IMG_1942
既設棟包み及び貫板を解体後に、掃除して片面粘着ゴムアスルーフィングを張ります。

 

IMG_1956 IMG_1955 IMG_1954IMG_1958IMG_1962IMG_1964IMG_1983IMG_1990
 

既設の雨樋は、以前の雪が積もった時の為に継手部が破損していたので、雨樋も新しくしました。

新しい雨樋も雪の為に傾いたりしない様に、新設屋根では大屋根・下屋共に雪止め金具を取り付けました。

 

IMG_1986
仮設足場の解体後には、テラス屋根のポリカ波板も新しくしました。

 

屋根改修工事を検討する際には、軽量で今までの<トタン板>よりも耐久性を持ち、さらに塗装にも優れた特殊塗料により、耐食性・耐摩耗性・遮熱性を兼ね備えた<ガルバリウム鋼板>の金属屋根材はどうでしょうか。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせ下さい。

名張市蔵持町 A様邸 屋根改修工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

「天井にシミがついてきた様で雨漏りしてるかも」と連絡があったので屋根上に上がり状況を確認すると、屋根材自体がサビて悪いのもありますが、何よりも勾配がかなり緩いのに『横葺屋根材』を使用して屋根を葺いてあるので雨漏りしたと判断したので、比較的緩い勾配屋根にも対応できる『縦葺屋根材』を使用して屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_1918
屋根がサビているのが確認できます。

 

IMG_1919
IMG_1921
上段の和瓦屋根より屋根勾配が緩いのが確認できます。

 

IMG_1922
瓦との取合部も水切りがうまく納まっていなかった為に雨漏りの原因になった様です。

 

<after>

IMG_1925IMG_1927
屋根工事と言っても、いろんな材料や形状があるし、屋根勾配や施工場所が海に近いとか木に囲まれた山の中等住宅環境にも気を付けないといけません。

見た目だけで屋根材を決めても、雨漏りがしてしまっては居心地の良いはずの住宅で落ち着いて生活が出来ません。

 

大切なお住いの屋根や雨樋の外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

伊賀市阿保 K様邸 屋根棟包み取替工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

「風が強い時に、屋根から何かトタンの様な物が飛んで落ちてきた」と連絡があったので現場で確認したところ、カラーベスト屋根の棟包みと判明したので、屋根上へ上り状況を確認すると予想通り、棟包みの下地材料が腐って留めてある釘が抜け、この状況のままでは雨漏りがこの先もっとひどくなると判断してので、予算の事もあるので屋根全体の棟包みのみ取替工事を行いました。

下地の状況からすると最近ではなく、数年前より傷んでいた事が分かります。

 

<before>

IMG_1875 IMG_1876 IMG_1877 IMG_1878
 

<after>

IMG_1881IMG_1883
このような状況になったのも、木々に囲まれて落ち葉等が屋根上にかなりの量が溜まるという環境にもよりますが、何十年とメンテナンスをしていないのも

原因かと思われます。

毎日過ごしている住宅でも高い所、特に屋根上は危険も伴うので自分では状況が確認しづらい場所でもあります。

大切なお住いの外回り一度点検してみてはいかがでしょうか。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

名張市夏見 A様邸 ポリカ波板屋根工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

車庫上の波板屋根が、所々に割れや穴が開き劣化が激しいので張替え工事を行いました。

以前は繊維が入った塩ビ波板でしたが、熱で変形・変色をおこす事が多いので、衝撃や熱に強く加工時も割れにくい熱線カット仕様のポリカ波板屋根に張り替えました。

 

<before>

IMG_1481 IMG_1482 IMG_1485
所々で留めてあるフックも外れているのが確認できます。

波板が古くて、玄関前に設置してある為に入口が暗く感じます。

 

IMG_1486 IMG_1487
アルミ製軸組と一体型の雨樋は長年の汚れで、ちりが土の様になり苔がいっぱいです。

このまま放っておくと雨水の流れが悪いので、屋根材を解体したこの機会にきれいに掃除をします。

 

<after>

IMG_1489 IMG_1490 IMG_1491
張替え後は、優れた耐衝撃性と耐久性の熱線カットグレードのポリカ波板屋根なので、熱線のみを吸収し光を透過するので、充分な明るさを持つことができます。

以前よりも玄関前入口が明るくなり、気持ちも良くなりました。

 

大切なお住まいの屋根や雨樋などの外装工事の事は、お気軽にご相談下さい。

三重県中小企業青年中央会創立40周年式典に出席しました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

平成29年10月20日(金)に三重県四日市市にて開催の、三重県中小企業青年中央会創立40周年記念式典に、三重県板金工業組合青年部役員として出席してきました。

IMG_0439
 

三重県中小企業青年中央会は、昭和52年に会員相互の連携と組合青年部等の事業活動を強化することにより、次世代を担う指導者の養成を図り、中小企業並びに組合の事業活動を促進し、企業の振興発展に寄与することを目的として設立されました。

三重県板金工業組合青年部も、26ある会員の一会員として、各種講習会や異業種間の親睦交流を行い、青年経営者等の資質向上になる様、取組みをしています。

 

記念式典後の記念講演には、三重大学特任教授でオリンピックメダリストの 武田 美保さんを講師として、『世界を目指す 究極のチームワーク・リーダーシップ』をテーマとして貴重な講演をして頂きました。

IMG_0441
 

記念講演後の懇親会では、三重県知事 鈴木 英敬 様も出席頂き、異業種の会員との交流をしました。

IMG_0442
 

名張市の板金屋さんでは、【堤建築板金】の1事業所のみが『責任保障制度を通じて、「信用」と「安心」を提供する』三重県板金工業組合員です。

日々の仕事はもちろんの事、組合員として技術力の強化・魅力のある板金業界の地位向上を目指して活動しています。

 

大切なお住いの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

名張市桔梗が丘西 I様邸 雨樋工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨が降る度に、自分の大切なお住まいが傷んでいかないかを心配するのは、居心地がいいものではありません。

今回の御相談も雨樋修理の御相談でした。

 

何年か前の大雪で雨樋が傷み、前に傾いて勾配が取れていない為に雨水が雨樋よりあふれて、うまく流れない為に御施主様の友人が何度かバルコニーより修理した様ですが、きちんと修理できなかった為に連絡を頂きまして確認したところ、バルコニー上部だけではなく、他の箇所も同じ様な傷みが確認できたので、一部分の修理ではなく、全ての雨樋の掛け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_1865 IMG_1867 IMG_1864
雨樋が傾き、雨水がきちんと落ち口まで流れないで、傾いた部分より雨水があふれている為に、苔がついて汚れているのが確認できます。

 

IMG_1868
雨樋を解体すると、受金具が前に傾いているのが良く分かります。

 

<after>

IMG_1870
新規金具はステンレス製の吊金具で、また大雪が来ても耐えられる様に、金具も間隔を狭く取付しました。

 

IMG_1872 IMG_1874
雨樋の悪い箇所を放っておくと、大切なお家の外壁部や基礎部等が汚れたり傷んだりして大修理になったりする事もあるので、異常に気付いたら小さな事だと放置せずに、早いうちの修理が大事です。

雨樋は、建物の外観で目立たない部分でもありますが、雨水をスムーズに排水処理をする大切な役目をする部分です。

雨樋が割れていたり、ずれていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

伊賀市比土 N様邸 屋根改修工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

小屋を数年置きに塗装工事をして、きちんとメンテナンスをしていましたが、所々に雨漏りがしてきたので、今回は塗装工事をせずにガルバリウム鋼板製の波板屋根に張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_1743 IMG_1744
所々にサビが現れて、穴が開いている所も確認できました。

 

 

IMG_1747
IMG_1748 IMG_1750
解体していくと、予想していましたがそれ以上に、波板屋根材と波板屋根材のつなぎ部がサビて腐っていました。

 

IMG_1751IMG_1753IMG_1757IMG_1759IMG_1762
古い防水下葺材の【アスファルトフェルト】をめくり、下地が悪くなっていないかを確認し、異常がなかったので新しく【改質アスファルトルーフィング】を張ります。

下葺材はもしも屋根材裏側に入り込んだ雨水を、下地へまわらないようにして、そのまま軒先まで流す大切な役目のある材料です。

昔は紙にアスファルトを含ませただけの【アスファルトフェルト】を下葺材に使用する事もあったそうですが、現在は破れにくくする為に、紙に合成繊維不識布で補強した【改質アスファルトルーフィング】が主流になっています。

 

<after>

IMG_1756 IMG_1764 IMG_1765
以前では波板も、カラー鉄板で屋根の流れが長い場合はつないでの施工が当たり前でしたが、近年ではガルバリウム鋼板製となり大型建物は別として、一般住宅建物の屋根の流れには大体対応できる長さまで成型でき、施工もできるのでつなぎ部でサビて腐る心配もありません。

釘も以前では鉄製釘なので、釘から屋根材にサビが移ってくる事もありましたが、ステンレス製なのでサビる心配もありません。

 

日常生活で使用する住宅での雨漏りはもちろん嫌ですが、大事な物や機械類を置いておく小屋であっても雨漏りは我慢できません。

下地などが傷む前に、雨漏りに気付いたら、早いうちのメンテナンス工事のご検討はどうでしょうか。

 

大切なお住まいの屋根や雨樋などの外装工事はお気軽にご相談下さい。

名張市蔵持町 M様邸 雨樋工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨水をスムーズに排水処理をし、なおかつ長い年月と共に色合いを変え、風格が備わっていた銅製雨樋に穴が開いたので、新しくステンレス鋼に銅メッキ処理をした雨樋に掛け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_1804 IMG_1805 IMG_1806
瓦の雨水が落ちる場所に、穴が開いているのが確認できると思います。

 

IMG_1813
 

<after>

IMG_1807 IMG_1808 IMG_1809
雨樋内面は耐久性に優れたステンレス製で、外面は銅素材そのままの趣に富んだ色調変化をします。

 

IMG_1810 IMG_1814
雨樋の異常な場所を放っておくと、大切なお住まいが傷んだりして悪くなってきます。

責任施工で対応させて頂きます。いつでもご相談下さい。

▲TOPへ