施工事例

三重県名張市上本町 N様邸 屋根修理工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

雨漏りがするとの事で連絡を頂き、屋根上に上がってみると、銅製の谷樋に穴が開いていたので、カラーステンレス製の谷樋にやり替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_2324 IMG_2326
瓦屋根と波板屋根の雨水が集まってくるので、どこのお宅でもそうですが、『谷樋』という場所は、その下は部屋や廊下などの毎日過ごす場所の事が多いので、雨漏りがすると大変困ります。

谷樋での雨漏りは、谷樋に穴が開いていたり、落ち口にゴミ等が詰まり雨水が流れないなど、大雨が降ると結構な雨水が集まってきて、スムーズに排水できないと大変な事になります。

 

IMG_2360IMG_2362IMG_2363IMG_2364
新しくカラーステンレス製の谷樋にやり替えたので、これで穴あきの心配はありません。

 

<after>

IMG_2367 IMG_2369
瓦屋根を復旧して、古い波板屋根材も新しくガルバリウム鋼板製波板にしました。

 

雨漏りの心配をしながらの生活は居心地の良い気がせず、落ち着いて生活が出来ません。

大切なお住いの屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市丸之内 D様邸 屋根修理工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より 『自分の屋根からやと思うんやけど、何かトタンみたいなのが飛んで落ちてきたんやわ。』 と連絡を頂き、天気が良くなってから現場へ行き屋根上に上がってみると、思っていた通り強風のため、カラーベスト屋根の棟包みが飛んでしまい、一部分の下地材が丸見えになっている状態でした。

大型台風の後には毎回、何件もこの様な御依頼を頂くので、状況は大体分かります。

新規に屋根工事を施工してから塗装メンテナンス工事はしてあるのですが、屋根自体のメンテナス工事をほぼしていないので、屋根棟包みや水切りの釘が抜けていたり、棟包み等に隠れて確認しにくいですが下地が腐っている事が多々あります。

今回のお宅も、棟包みの下地が腐って釘がきいていない為に強風で飛ばされたと思われます。

既設の棟包み、下地材を解体・撤去し、新規に棟包みを取付工事を行いました。

 

<before>

IMG_2375
屋根棟包みが一部分飛ばされてしまい、腐った貫板(下地材)が見えるのが確認できます。

 

IMG_2410 IMG_2411 IMG_2416
仮設足場をしてから、屋根棟包みを解体すると、ほとんどの下地が傷んでいました。

 

<after>

IMG_2418 IMG_2419
下地材を全て撤去してから、新しく下地材を取付します。

IMG_2423 IMG_2424
棟包みも新しくなりました。御施主様にカラーベスト屋根も葺き替え工事か、カバールーフ工事の提案もしましたが予算の都合上、塗装屋さんにお願いして屋根の洗浄をして汚れを落としてから、屋根塗装工事を行いました。

IMG_2525
 

仮設足場を架けたついでに雨樋工事も行い雨樋を新しくしました。

近くに木が生い茂っている為に、今までは雨樋に落ち葉が溜まり詰まった事が多かったので、落ち葉よけネットを取り付けました。

IMG_2527 IMG_2528
 

住宅で屋根上など高所の確認はしにくいものです。屋根の材質・形状やグレードにもよりますが、新築や屋根を新しくしてから、15年~20年でメンテナンス工事を検討する事をお勧めします。住宅が建っている環境や家の形などメンテナンス工事の時期はそれぞれ違うので一概には言えませんが、異常が確認できたら早いうちの修理をする事が大切なお住まいを長持ちさせる事が出来ます。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせください。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市下比奈地 T様邸 雨樋修理工事を行いました。 

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

台風での強風のために、雨樋が受金具より外れて下に落ちてしまい危険なのと、このままでは他の箇所にまで被害が出る恐れがあるので、雨樋修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_1832 IMG_1833
連絡を頂き現場に行くと、見事に雨樋が外れていました。人が下にいたらケガをしていたかもしれません。

樋受金具も古くなり、雨樋を留めている針金が鉄の為にサビて切れてしまい全て無いのが確認できました。

 

<after>

IMG_2382IMG_2383
雨樋を新しくして、受金具にしっかりと留め、これで雨が降っても安心です。

 

台風が多く発生するシーズンです、雨樋に異常が無いか、屋根や外壁の一部がバタバタしていて飛ばされそうになっていないかなど、今一度大切なお住いの外回りを点検してみてはどうでしょうか。

 

ちょっとした修理など、お気軽にお問い合わせください。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市夏見 H様邸 外壁改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

長年、雨風にさらされ大切なお家を守ってきた外壁材が、色あせてきて所々にサビも現れてきたので、新しく木目調プリント鋼板に張り替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_0611 IMG_0616 IMG_0617 IMG_0618 IMG_0632IMG_0629
 

 

<after>

IMG_2220 IMG_2221 IMG_2237 IMG_2238 IMG_2239 IMG_2240 IMG_2241
 

毎日過ごすお家がきれいになると気持ちがいいものです。

大切なお住いの屋根や外壁、雨樋の外装工事はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市安部田 T様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『雨樋が傷んできているのは分かっててんけど、修理をするのに中々思い切りが付かへんでん。せやけど等々雨が降ったら困るぐらいになってきたから直してもらえへんかな。』 と連絡を頂いたので現場に行くと、もう何十年も経っている昔のブリキ製雨樋がサビて穴が空き、落ち口部分も外れてしまっているので新しく塩ビ製雨樋で掛け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_2174 IMG_2177 IMG_2176
雨樋が傷んで雨漏りをしているのを放っておくと、下にある屋根部分も傷んでくるし、雨漏りをしている箇所の落ちた雨水が叩いて、外壁や基礎の部分も傷める可能性があるので、雨漏りに気付いたら早いうちの修理が必要です。

 

<after>

IMG_2179 IMG_2181 IMG_2184
雨樋は建物の外観でも目立ちにくい部分でもありますが、住宅に降り注ぐ雨水をスムーズに排水処理をする大事な役割をする部分です。

梅雨入り前に、雨樋の異常が無いか点検をしてみてはどうでしょうか。

 

雨樋のちょっとした相談もお気軽にお問い合わせください。

三重県伊賀市緑ヶ丘 K様邸 波板屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

春になり一時の強風の為に、以前から傷んでいた波板屋根の一部が飛んでしまったので、新しくポリカ波板屋根に張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_2071
IMG_2070
飛んでしまった箇所以外の屋根材も、所々割れていたり、釘がサビて抜けてしまっていたりするので全体に張替え工事を行います。

 

<after>

IMG_2072
既設の屋根材を全て解体すると、胴縁下地も傷んでいる所が多いので、胴縁下地のみ新しく取替えました。

IMG_2074
IMG_2075 IMG_2077
以前は塩ビ製波板でしたが、新しい波板は衝撃や熱に強く割れにくい熱線カット仕様のポリカ波板屋根になりました。

以前より光も十分透過するので、波板下は明るくなり気持ち良くなりました。

 

責任施工で対応させて頂きます。大切なお住いの外装工事はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市黒田 H様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたり、反りや割れているのを放っておくと雨漏りの原因になります。

今回も屋根塗装工事の計画もありましたが、将来の屋根メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_2112 IMG_2113
今までの雨漏りがひどいと、屋根表面の美観だけが良くなるだけで、屋根下地材が悪ければ屋根カバールーフ工事はできません。

雨漏りしている形跡がないか、下地が傷んでいる様子がないか、フワフワした感じが無いか確かめる事が大事です。

 

<after>

IMG_2119 IMG_2118 IMG_2120
既設棟包みと貫板下地材を解体後に掃除して、片面粘着ルーフィングを貼ります。

 

IMG_2122 IMG_2123 IMG_2124 IMG_2129
屋根下は交通量が多いので、冬期の大雪が降った後の為に、雪止め金具を取り付けました。

 

IMG_2143 IMG_2145
現在お住いの屋根がアスベストを使った屋根材でも、葺き重ねてアスベストの流出を抑える工法ですので安心です。

 

屋根改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市東町 I様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

屋根の葺き替え工事にあたり、屋根瓦が新しくなると古い雨樋の傷みが目立ってきたので、塩ビ製の雨樋に新しくしました。

 

<before>

IMG_2103 IMG_2101
以前はトタン板を加工しペンキ塗りの雨樋でした。軒樋の継手からは雨漏りしている様にも見えました。

 

<after>

IMG_2104 IMG_2105 IMG_2107
 

雨樋は住宅全体では目立ちにくい箇所でありますが、雨が降ると雨水をスムーズに排水処理をするとても重要な箇所であります。

雨樋の異常は雨が降らないと気付きにくいですが、おかしいなと気付いたら早いうちの修理等が必要です。

 

雨樋のちょっとしたご相談でもお気軽にご連絡ください。

三重県板金工業組合青年部 平成30年度総会に出席しました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

平成30年3月18日(日)に三重県板金工業組合青年部 平成30年度通常総会に出席してきました。

総会後の講習会は『SNSを利用した集客アップについて』と題して講師を呼び、facebook を活用した集客方法や情報発信術の話を聞きました。

 

IMG_0570 IMG_0571
 

名張市の建築板金屋さんでは、【堤建築板金】の1事業所のみが、信用度の高い板金工業組合員です。

日々の仕事はもちろんの事、組合員として技術力の強化・魅力のある板金業界の地位向上を目指して活動しています。

三重県名張市 S寺納骨堂 雨樋・外壁工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

納骨堂を新築するにあたり、雨樋工事と外壁工事を行いました。

 

IMG_1232
IMG_1233
垂木鼻を銅板で包みました。

 

IMG_1241(1)
IMG_1245
黒色のガルバリウム鋼板製雨樋を取り付けました。

 

IMG_1899
IMG_1905
IMG_1909
外壁はして金属サイディング張りで、1階部と2階部を色分けしました。

 

一般住宅ではあまり見かけない外観になりましたが、寺の一区画にいい感じに仕上がりました。

金属の外装材も昔のトタンのイメージから、現在は多様なデザイン・種類があります。

 

屋根工事・雨樋工事・外壁工事などの外装工事はお気軽にご相談下さい。

▲TOPへ