三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より 『自分の屋根からやと思うんやけど、何かトタンみたいなのが飛んで落ちてきたんやわ。』 と連絡を頂き、天気が良くなってから現場へ行き屋根上に上がってみると、思っていた通り強風のため、カラーベスト屋根の棟包みが飛んでしまい、一部分の下地材が丸見えになっている状態でした。

大型台風の後には毎回、何件もこの様な御依頼を頂くので、状況は大体分かります。

新規に屋根工事を施工してから塗装メンテナンス工事はしてあるのですが、屋根自体のメンテナス工事をほぼしていないので、屋根棟包みや水切りの釘が抜けていたり、棟包み等に隠れて確認しにくいですが下地が腐っている事が多々あります。

今回のお宅も、棟包みの下地が腐って釘がきいていない為に強風で飛ばされたと思われます。

既設の棟包み、下地材を解体・撤去し、新規に棟包みを取付工事を行いました。

 

<before>

IMG_2375
屋根棟包みが一部分飛ばされてしまい、腐った貫板(下地材)が見えるのが確認できます。

 

IMG_2410 IMG_2411 IMG_2416
仮設足場をしてから、屋根棟包みを解体すると、ほとんどの下地が傷んでいました。

 

<after>

IMG_2418 IMG_2419
下地材を全て撤去してから、新しく下地材を取付します。

IMG_2423 IMG_2424
棟包みも新しくなりました。御施主様にカラーベスト屋根も葺き替え工事か、カバールーフ工事の提案もしましたが予算の都合上、塗装屋さんにお願いして屋根の洗浄をして汚れを落としてから、屋根塗装工事を行いました。

IMG_2525
 

仮設足場を架けたついでに雨樋工事も行い雨樋を新しくしました。

近くに木が生い茂っている為に、今までは雨樋に落ち葉が溜まり詰まった事が多かったので、落ち葉よけネットを取り付けました。

IMG_2527 IMG_2528
 

住宅で屋根上など高所の確認はしにくいものです。屋根の材質・形状やグレードにもよりますが、新築や屋根を新しくしてから、15年~20年でメンテナンス工事を検討する事をお勧めします。住宅が建っている環境や家の形などメンテナンス工事の時期はそれぞれ違うので一概には言えませんが、異常が確認できたら早いうちの修理をする事が大切なお住まいを長持ちさせる事が出来ます。

 

屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせください。責任施工で対応させて頂きます。