2019年6月の一覧

三重県名張市下三谷 Y様邸 雨樋工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『小屋やから辛抱してたけど、やっぱり雨漏りがひどいし、雨が多くなる時期になる前に雨樋を新しくしてくれるかな』と連絡があったので、見に行くと雨樋に苔がいっぱい溜まり、雨水がスムーズに処理できない状態だったので、受金具を新しくきちんと勾配を取って雨樋工事を行いました。

 

<before>

IMG_2842 IMG_2844 IMG_2845 IMG_2846
雨樋がぐねぐねになって、苔が溜まっているのが確認できます。

 

<after>

IMG_2847
受金具を新しくして、勾配をきちんと取ります。

 

IMG_2848 IMG_2849 IMG_2850
雨樋が新しくなりました。

小屋などの毎日過ごす住宅じゃなくても、雨漏りを長い間放っておくと、外壁部や足元の基礎や土台などもだんだん傷んできて修理が出来ない状態になってきます。雨樋が壊れていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市桔梗が丘 I様邸 雨樋修理工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様が下屋上の立筒が割れて取れたので、テープで何度か修理したのですが、きちんと修理できないので、『ちょっとした修理で悪いんやけど、工事してくれるかな』と連絡があったので、悪い箇所のみ修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_2568 IMG_2569
立筒の途中で割れて、白いテープで修理あった所が外れているのが確認できます。

 

<after>

IMG_2577 IMG_2576
下屋上と言っても、屋根材によっては滑る場合もあるし、急勾配の場合や軒先の方に行くと高さもあるし危険です。

ちょっとした修理でも専門施工業者に修理してもらった方が安全で簡単に修理できる事がよくあります。

 

全国的に問題になっている様に、名張市でも高齢化が進んでいます。

御施主様も高齢になり、後に誰も住む予定がないので、他にも修理が必要な所があったのですが、雨漏りがしない様に最低限の修理工事でした。

私も名張のあちらこちらで工事をさせて頂いておりますが、雨漏りがしているだろうなという住宅もよく見かけます。

本当はきちんと全部やり替えた方がもちろんいいのですが、少しの修理でも最低限の雨漏りは修理できます。

 

『こんなちょっとした工事は誰もしてくれへんわさ』と思っている方は、お気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

▲TOPへ