屋根工事 施工事例

三重県名張市東田原 K様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

御施主様より 『雨漏りがしていて余りお金をかけたくないのですが、一度みてもらえますか?』 という事で現場へ行き確認すると、屋根材のサビがひどく雨漏りのひどい箇所に当たっては、穴が空いている状態でした。軒先水切りもボロボロの状態で、屋根下地もフワフワしていてひどいので、屋根下地から新しくする必要がありました。

建物全体の屋根材も、結構寿命が来ている様子ですが、予算上雨漏りをしている箇所のみ屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_4854 IMG_4856 IMG_4857
屋根がサビているのが確認できます。以前に修理した跡もありました。

屋根上に上がると、マットの上を歩く様な感じでフワフワして、、明らかに下地がダメなのが分かりました。

 

<after>

IMG_4953
大工さんにお願いして、屋根材を解体後に新しく構造用合板を張ってもらい、改質アスファルトルーフィングを張りました。

 

IMG_4968 IMG_4969
屋根勾配がかなり緩い為に、既存の外壁との取合部や隅々は雨漏りのしない様に考えて施工しました。

本当は屋根全面の工事をした方が建物の為にも良いのと、施工もしやすいのですが予算上この様な仕上がりになりました。

これで雨漏りもしなくなり一安心です。

 

住宅の屋根は、それぞれ屋根形状や材質等違います、耐久性のある材料もありますが大切なお住まいを長持ちさせるとしたら、定期的なメンテナンスは必要となってきます。

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

雨漏りが気になる前に、おかしいなと思ったらお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市箕曲中村 O様邸 屋根工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

新築工事に伴い、シンプルな形状によってスマートな外観を演出し、軽量かつ耐久性の良いガルバリウム鋼板製の屋根工事を行いました。

 

IMG_4685IMG_4686IMG_4777 IMG_4778 IMG_4794 IMG_4796
 

屋根改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根材はどうでしょうか。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県伊賀市朝日ヶ丘町 K様邸 外装改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨樋修理工事の御相談あり、現場へ伺い確認すると、雨樋だけが悪い状態ではなくて、屋根はカラーベスト屋根材の所々にひび割れや欠けた部分があり、以前に塗装したペンキがめくれた状態で、苔が生えている所もあります。外壁も木部が傷んで腐っている所やこのまま放っておくと外壁からの雨漏りも進んでいく状態でした。

御施主様に屋根や高所の写真と、御施主様ご自身で確認出来る所はその箇所で、どうしてこのような悪い状態になったのか等の説明と修理工事内容の提案をさせて頂き、屋根カバールーフ工事、雨樋工事、外壁塗装工事を行いました。

 

<before>

IMG_4501 IMG_4502
以前のペンキがめくれてきているのが確認出来ます。

 

IMG_4503
屋根材に苔が生えたり、割れや欠けているのも確認出来ました。

 

IMG_4508
玄関上の屋根の状態です。錆びてきているのが確認出来ます。

 

IMG_4510
当初の御相談は写真で確認出来る様に下屋上の立筒が途中で外れて無くなった状態なので、下屋上の立筒はいとい修理工事での御相談でした。

 

IMG_4512
バルコニーも鉄製の為に傷みがあり、乗るのも怖いそうなので使っていない為、解体する事になりました。

 

IMG_4513 IMG_4514 IMG_4515 IMG_4516
外壁の木部も傷んでいる所は修理する事になりました。

 

 

<after>

IMG_4710 IMG_4712
仮設足場を架ける前にバルコニーを解体・撤去しました。

 

IMG_4745 IMG_4746 IMG_4747 IMG_4748 IMG_4749
仮設足場を架けてから、木部の悪い状態の所は修理していきます。

 

IMG_4764 IMG_4765
既設棟包み及び貫下地を解体していきます。貫下地は傷んで腐っていました。

 

IMG_4766 IMG_4767
魚のうろこ状態の以前のペンキを綺麗にはがして、掃除します。

 

IMG_4768 IMG_4769
屋根を掃除したら屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4770 IMG_4771 IMG_4772IMG_4779 IMG_4780 IMG_4783 IMG_4785
耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、施工前の以前より美観も良くなりました。

 

 

IMG_4878 IMG_4887
玄関上の屋根も勾配が緩い為に以前とは違い、立平葺きの屋根になりました。

 

IMG_4859 IMG_4862 IMG_4861
協力業者の塗装屋さんにお願いして、外壁の木部の立上げ部分には、以前には無かったコーキング処理をしっかりとしてもらい、雨水の侵入の無い様にしてもらってから外壁塗装を仕上げてもらいました。

御施主様にも確認して頂き、これで安心です。

 

IMG_4946 (2)
IMG_4938 IMG_4943
破風板や軒先鼻隠しの木部は、以前は木そのままでしたので、板金で包みました。

雨樋も全て新しくなりました。

 

IMG_4939 IMG_4940 IMG_4941 IMG_4942IMG_4947
 

住宅も人間の身体と同じで、手入れ(メンテナンス)をしないと、だんだんと美観が損なわれるし、傷んでいる箇所はますます悪くなっていきます。

大切なお住まいが綺麗になると毎日の生活も明るくなり気持ちのいいものです。

 

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

 

奈良県宇陀市室生 K様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

大雨が降ると風向きによって雨漏りがするとの御相談があり、現場へ行き屋根に上がると、日本瓦葺き部と銅製メタルルーフの取合い部の水切りが施工不良の為と、何よりも勾配が緩いのに『横葺屋根材』を使用して屋根を葺いてあるので雨漏りしたと判断したので、比較的緩い勾配屋根にも対応できる『縦葺屋根材』を使用して屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_4571 IMG_4572 IMG_4576
以前にも雨漏りがして、修理工事をしてある様子がありました。

 

<after>

IMG_4674 IMG_4676
既設の屋根材を解体して、大工さんにお願いして、新しく構造用合板を張ってもらいルーフィングを張ります。

雨漏りの原因をなくす為に、壁際の部分まで下地工事をしてもらいます。

 

IMG_4677 IMG_4678 IMG_4682 IMG_4683
屋根工事と言っても、いろんな材料や形状があるし、屋根勾配や施工場所が海に近いとか木に囲まれた山の中等住宅環境にも気を付けないといけません。
美観だけで屋根材を決めても、雨漏りがしてしまっては居心地の良いはずの住宅で落ち着いて生活が出来ません。

大切なお住いの屋根や雨樋の外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市本町 H様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、外壁工事、板金工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主が数年おきに塗装をして屋根のメンテナンスをしてきたようですが、『もう年がいって、屋根の上に乗るのも怖くなってきて、ペンキ塗りもできへんし、屋根張替えてくれるかな。』 と御相談あったので、現場へ行き確認すると、雨漏りはしていないのですがサビがひどくなってきていたので、波板屋根の張替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_4585 IMG_4586 IMG_4587
 

<after>

IMG_4588 IMG_4589
屋根材を解体して、下地に異常が無いか確認します。

 

IMG_4590 IMG_4591
以前はルーフィングも張らずに、波板屋根を葺いてあったので、解体後に改質アスファルトルーフィングを張り、胴縁下地を取り付けます。

 

IMG_4593 IMG_4594
釘も以前では鉄製釘なので、釘から屋根材にサビが移ってくる事もありましたが、ステンレス製なのでサビる心配もありません。
日常生活で使用する住宅での雨漏りは落ち着いて生活が出来ません。
下地などが傷む前に、雨漏りに気付いたら、早いうちのメンテナンス工事のご検討はどうでしょうか。

 

大切なお住まいの屋根や雨樋などの外装工事はお気軽にご相談下さい。

三重県名張市富貴ヶ丘 O様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

大雨が降ると雨漏りがするので、一度見てほしいと連絡を頂いたので現場へ行き屋根上に上がると、長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたり、割れているのを確認しました。それも雨漏りの原因の一つでしょうが、大きな原因は、屋根の段違いになった水切り部分に不具合がある事が確認出来ました。

屋根メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材での、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_4486 IMG_4484 IMG_4481
谷板もひどくサビているのが確認出来ます。

 

IMG_4487
写真では分かりづらいですが、屋根の取合部分から下地が見えているのが確認出来ました。

御施主様もこの屋根部分の下辺りが雨漏りの箇所と言っていました。

 

IMG_4483
IMG_4490
ドーマー部の水切り付近の屋根材もずれていました。

 

IMG_4491 IMG_4492
屋根全体も苔やひび割れも確認出来ました。

 

<after>

IMG_4626
仮設足場を架けて墜落防止、安全第一で作業を進めて行きます。

 

IMG_4627 IMG_4628IMG_4630 IMG_4631 IMG_4633
IMG_4637 IMG_4638
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4635 IMG_4636 IMG_4647
水切り取合部は雨水が侵入しない様に、水の流れを計算しながらの作業です。

 

IMG_4654 IMG_4661 IMG_4664
施工前はドーマー部の木が見えていた所も全て板金で包みました。

 

IMG_4667 IMG_4662 IMG_4658 IMG_4660
IMG_4671
IMG_4673
雨樋も傷んでいたので、足場のある間に雨樋も新しくしました。

 

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

 

ちょっとした修理工事から屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県伊賀市比自岐 F様邸 外装改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より、 『物置小屋として使用している建物の屋根材の一部がめくれているので修理して欲しい。』 と御相談あり、現場確認すると確かに屋根材がめくれて、下地も傷んでいるのが確認出来ました。

屋根全体も傷んで張替え時なのと、外壁材も同じく張替え時なので、建物全体の外装改修工事を行いました。

昔の波板で屋根も外壁も張ってあるので、新しく耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材・外壁材で仕上げました。

 

 

<before>

IMG_4224 IMG_4229
屋根材の一部が無くて、下地が傷んでいるのが確認できます。

 

IMG_4219
外壁材も屋根材と同じくサビがひどい箇所が所々に確認出来ます。

 

IMG_4391 IMG_4390
屋根全体も、以前に何度か塗装工事をしたと思われますが、傷みが激しいので屋根上を歩くとパリパリ音がして割れそうで危険です。

 

<after>

IMG_4393
IMG_4398
IMG_4394
波板屋根材を解体して、バラ板下地も解体して垂木だけの下地にします。

 

IMG_4400
垂木の傷んでいる所は、補強で新しく垂木を入れます。

 

IMG_4404 IMG_4405
新しく構造用合板を張ります。

IMG_4403
 

IMG_4407 IMG_4409
屋根下地が出来上がったら、改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4414 IMG_4415 IMG_4416 IMG_4417 IMG_4418 IMG_4422
波板屋根から新しくガルバリウム鋼板製の立平葺き屋根になりました。

 

IMG_4423 IMG_4437 IMG_4441
波板外壁からガルバリウム鋼板製の角波外壁になりました。

雨樋も傷んでいたので、新しくしました。

 

IMG_4438 IMG_4442
以前の出入り口も開け閉めがしにくい扉だったので、協力業者の大工さんにお願いして、サッシの引き戸にしてもらい出入りもしやすくなり、綺麗になったと御施主様も大変喜んでおられました。

私も御施主様が喜んでくれるのが仕事をしていて、一番嬉しいことです。

 

物置の建物でも、気付かずに雨漏りがしたまま放って置くと大修理になってしまいます。

きちんと現在の材料で改修工事をすると、また何十年と使用出来ます。

屋根や外壁の改修工事を検討する際には、軽量で耐久性を持ち、優れた特殊塗料により、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根・外壁材はどうでしょうか。

屋根工事や雨樋工事などの外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

三重県名張市緑が丘 Y様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より大雨が降ると雨漏りがするとの御相談があり、現場確認すると、雨漏りのする部屋の天井にシミがついていました。

屋根に上がるとカラーベスト屋根の所々にひび割れや欠けた部分があり、天井裏からも確認すると確かに雨漏りの跡が確認出来ました。

長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたり、反りや割れているのを放っておくと雨漏りの原因になります。

屋根張替え工事の計画もありましたが、屋根カバールーフ工事の方が費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材で、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_4241 IMG_4237 IMG_4253
 

<after>

IMG_4365 IMG_4366
仮設足場を架けます。2面は屋根急勾配の為、安全第一で屋根足場も架けます。

 

IMG_4367 IMG_4369 IMG_4370
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4373 IMG_4377 IMG_4378 IMG_4381 IMG_4382 IMG_4385 IMG_4387
住宅環境や屋根の形状により、メンテナンス工事時期は異なりますが、異常が確認出来たら早いうちの修理をする事で大切なお住まいを長持ちする事が出来ます。屋根工事の完了後に、協力業者の大工さんにお願いして、雨漏りでシミのついた部分の天井も綺麗に張替えました。

 

屋根改修工事をご検討の際には、軽量で耐久性をもち、耐食性・遮熱性を兼ね備えたガルバリウム鋼板製の金属屋根はどうでしょうか。

外装工事の事なら何でもお気軽にご相談下さい。責任施工で対応させて頂きます。

三重県名張市赤目町 F様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

御施主様より 『雨漏りがして、いくつかの業者に修理してもらっても直らないし、修理するたびに雨漏りがひどくなっている気がして、なんとかならないかな』 と御相談があり、屋根上に上がり雨漏りしている部分を確認すると、屋根の谷部周辺が雨漏りするので、谷板にコーキングがたくさんしてあり、余計に雨水がぬけずに雨漏りがひどくなったと判断しました。

谷部だけの修理ではきちんとした雨漏り修理工事ができないので、屋根もカラーベスト屋根から新しくガルバリウム鋼板製屋根にする屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_4263 IMG_4262
あまり知識の無い業者が修理すると、雨漏りしている箇所にコーキングがたっぷりと塗ってあり余計に雨漏りがひどくなるという事もたまにあります。この建物でも同じような状況でした。

 

 

<after>

IMG_4266 IMG_4267
谷部の屋根材を解体していくと、ルーフィングが穴開いて破けているのが確認出来ました。

 

IMG_4268
ルーフィングをめくると雨漏りの跡があるのと、下地が腐っているのが確認出来ました。

IMG_4269
全てのルーフィングをめくり、下地が大丈夫か確認します。

 

IMG_4270
下地の悪い所を張替え修理します。

 

IMG_4273
改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4282 IMG_4283 IMG_4297 IMG_4295
 

雨が降る度に、雨漏りの心配をしていた御施主様ですが、屋根工事が完了して数日後に大雨が降りましたが、全然雨漏りしないと安心しておられました。喜んで頂き良かったです。

 

雨漏りがする住宅に住んでいると、雨が降るたびに心配で落ち着きません。大事なお住まいの異常に気付いたら修理費が高額になる前の、早い段階の修理が必要です。

ちょっとした修理工事から屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市富貴ヶ丘 O様邸 屋根改修工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

御施主様より雨漏りのお問い合わせがあり、屋根に上がると笠木板金部より雨水が入り、雨漏りしていると判断しました。天井の点検口より天井裏を確認すると、屋根下地も結構傷んでいたので、屋根全体の下地を解体し、新しくしてガルバリウム鋼板製立平葺きに葺き替える屋根改修工事を行いました。

 

<before>

IMG_3791 IMG_3792
 

IMG_3794
建物を大事にされている御施主様なので、数年おきに建物全体の塗装工事をきちんとされています。

しかし建築当初より施工不良の為に、雨漏りしていたであろうと言う場所が、数ヶ所確認できました。

御施主様に写真を撮り、ここがこういう風に悪いと説明をして、工事を始めました。

 

<after>

IMG_4135 IMG_4137
既設屋根材の瓦棒屋根を解体していきます。

屋根材を解体すると、現在の屋根下葺き材はアスファルトルーフィングですが、建築当時の屋根下葺き材はアスファルトフェルトでした。アスファルトフェルトをめくると、コンパネ下地材がブヨブヨで歩くのも気を付けないと踏み込む状態でした。

 

IMG_4138 IMG_4142
垂木が悪い所は、新しい垂木に打ち替えます。

 

IMG_4141 IMG_4146
新しい構造用合板を全面に張って、改質アスファルトルーフィングを張ります。

 

IMG_4149 IMG_4150 IMG_4152
ガルバリウム鋼板製立平葺きを葺いてから、パラペット部の壁面も屋根材と同じ色の角波で張っていきます。

 

IMG_4170 IMG_4173 IMG_4157(1)
住宅の屋根は、それぞれ屋根形状や材質等違います、耐久性のある材料もありますが大切なお住まいを長持ちさせるとしたら、定期的なメンテナンスは必要となってきます。

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

雨漏りが気になる前に、おかしいなと思ったらお気軽にお問い合わせください。

1 / 612345...最後 »

▲TOPへ