2021年6月の一覧

三重県名張市富貴ヶ丘 O様邸 屋根カバールーフ工事を行いました。

三重県名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

大雨が降ると雨漏りがするので、一度見てほしいと連絡を頂いたので現場へ行き屋根上に上がると、長年にわたって毎日、紫外線や風雨にさらされたカラーベスト屋根は、色あせが目立ち、屋根材表面に苔が生えてきたり、割れているのを確認しました。それも雨漏りの原因の一つでしょうが、大きな原因は、屋根の段違いになった水切り部分に不具合がある事が確認出来ました。

屋根メンテナンス費用を検討すると、屋根カバールーフ工事の方がメンテナンス費用の負担が少ないので、軽量で耐久性・耐候性の良いガルバリウム鋼板製の屋根材での、屋根カバールーフ工事を行いました。

 

<before>

IMG_4486 IMG_4484 IMG_4481
谷板もひどくサビているのが確認出来ます。

 

IMG_4487
写真では分かりづらいですが、屋根の取合部分から下地が見えているのが確認出来ました。

御施主様もこの屋根部分の下辺りが雨漏りの箇所と言っていました。

 

IMG_4483
IMG_4490
ドーマー部の水切り付近の屋根材もずれていました。

 

IMG_4491 IMG_4492
屋根全体も苔やひび割れも確認出来ました。

 

<after>

IMG_4626
仮設足場を架けて墜落防止、安全第一で作業を進めて行きます。

 

IMG_4627 IMG_4628IMG_4630 IMG_4631 IMG_4633
IMG_4637 IMG_4638
既設棟包み及び貫下地を解体後に、軒先水切りを取り付けて、屋根全面に片面粘着ルーフィングを張ります。

 

IMG_4635 IMG_4636 IMG_4647
水切り取合部は雨水が侵入しない様に、水の流れを計算しながらの作業です。

 

IMG_4654 IMG_4661 IMG_4664
施工前はドーマー部の木が見えていた所も全て板金で包みました。

 

IMG_4667 IMG_4662 IMG_4658 IMG_4660
IMG_4671
IMG_4673
雨樋も傷んでいたので、足場のある間に雨樋も新しくしました。

 

住宅の中でも高所にある屋根や雨樋部分は中々自分では確認しずらいですので、「雨漏りがしてきてから悪くなってきたのが分かった」というのもよく相談がある事です。雨漏りがする前に「表面の色がはげてきた・錆びがでてきた」等の異常が確認出来たら、雨漏りによる余計な工事が必要になる前に、早いうちの修理や改修工事をオススメします。

 

ちょっとした修理工事から屋根工事や雨樋工事などの外装工事はお気軽にお問い合わせ下さい。

三重県名張市瀬古口 M様邸 雨樋修理工事を行いました。

三重県名張市で、屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

隣地の境界上の雨樋を、今まで何度か壊れる度に、御施主様ご自身で修理してきた様ですが、テープ等で直してきただけなので上手く直せなかった状態でした。

大雨が降る度にお隣に迷惑がかかるので、きちんと修理して欲しいと相談があったので、雨樋修理工事を行いました。

 

<before>

IMG_4609 IMG_4610 IMG_4611
雨樋の落ち口部分を色々とやってみた様子です。

 

<after>

IMG_4613 IMG_4612
落ち口部分の修理だけでなく、軒樋もキチンと勾配が取れていない状況でしたので、新しくしました。

 

台風シーズン前に雨樋のメンテナンスは大丈夫でしょうか。

人間の身体と同じで、雨樋のちょっとした異常箇所でも放っておくと、建物の他の部分までも修理しなければならなくなる可能性があります。

雨樋工事でお困りの方はお気軽にお問合せ下さい。

▲TOPへ