2021年12月の一覧

名張市蔵持町 K様邸 外壁工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ  堤建築板金です。

 

建物の屋根や外壁等の外装材は、常に雨や風、日光や紫外線などにさらされて、年月が経つと段々と傷んでくるものです。

御施主様も色あせてきて見た目が悪いと相談があったので、悪い所だけ新しく木目調プリント鋼板に張り替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_5125 IMG_5126 IMG_5127
 

<after>

IMG_5158
IMG_5159
既設の外壁材を解体していきます。下地の胴縁も傷んでいないか確認します。

 

IMG_5160 IMG_5161
透湿防水シートを張ります。

 

IMG_5190 IMG_5191 IMG_5192 IMG_5193
『こんな工事誰に頼んだらええんやろ。』 という様にこんなちょっとした外壁工事など、屋根工事・雨樋工事など外装工事のご相談はお気軽にお問い合わせください。

名張市南西原 H様邸 雨樋工事を行いました。

名張市で屋根工事、板金工事、外壁工事、雨漏り修理工事のプロ 堤建築板金です。

 

『雨が降ると、下に停めてある自動車に雨水があたるので修理してもらえないかな。他業種の人に修理したもらったんやけど、直ぐにまた雨漏りがして困ってる。』 と連絡を頂き現場確認に行くと、樋受打込み金具が抜けて雨樋が傾いている状態でした。御施主様に仮設足場を架けなければ仕事が出来ない事や、こうなった原因やきちんと樋受金具を打ち直さないといけない等、説明提案をさせて頂き雨樋の悪い箇所のみ、雨樋を新しく架け替え工事を行いました。

 

<before>

IMG_5005 IMG_5006 IMG_5007
足場を架けてから改めて確認すると、雨樋の傷み具合が良く分かります。

 

IMG_5010
晴れた日が続いても雨水がスムーズに流れない為に、雨樋の内側にはいつも雨水がある状態なので、苔が溜まっていました。

 

IMG_5008
当初からの雨樋工事で打込み金具の足が短いのが確認出来ます。これでは数年前の雪で抜けてしまったのではないかと推測しました。

屋根四方の打込み金具が同じ条件なので、この様に足が短いと推測されますが、予算の都合上今回は傷んでいる箇所のみの雨樋工事となりました。

 

<after>

IMG_5011
傷んでいる箇所の雨樋と金具を解体します。

 

IMG_5012 IMG_5015
新しい金具は吊金具にして、ステンレスビスでしっかりと留めたので、もう金具が抜ける心配はありません。

 

 

雨樋の悪い箇所を放っておくと、大切なお家の外壁部や基礎部等が汚れたり傷んだりして大修理になったりする事もあるので、異常に気付いたら小さな事だと放置せずに、早いうちの修理が大事です。

雨樋は、建物の外観で目立たない部分でもありますが、雨水をスムーズに排水処理をする大切な役目をする部分です。

雨樋が割れていたり、ずれていたり、落ち葉等ゴミが詰まって雨水があふれていたり、雨樋の異常に気付いたらお気軽にお問い合わせ下さい。

▲TOPへ